32 水晶妃-氷と狼の物語-第32話

  
siusyo.jpg
 

 

 


ジホは たくましい胸の下へ スジョンを柔らかく抑えつけた。

スジョンは頬を包まれると うっとりと眼を潤ませて
頬を撫でるジホの掌に 気持ち良さそうな頬ずりをした。

 

“まったく・・・”

この人は 誰に教わらなくとも 男を魅了するすべを身につけている。
組み伏せた宝石を覗きこんで あまりの愛しさにジホは呆れた。

スジョンはあどけなく唇を開けて しなやかな身体をすりつける。

愛撫の指を その先へ誘うように身をくねらせる。


スジョンにとっては されるがまま 素直に応えているだけなのだろう。

安心しきったスジョンが見せる 眼のくらむような恍惚は 
必死で衝動と闘う狼にとっては ほとんど責め苦に近かった。 

 


ジホは ふくよかな胸を吸いながら 淡い茂みへ手をすべらせた。

温かな湿りを探り当てた指が 静かに奥をかきわけると
しなやかに身体をよじっていたスジョンが 突然 ビクリと動きを止めた。


優雅な指がつぷ・・と埋まり 柔らかな内側を探り始める。

スジョンは 戸惑いの眼を大きく開いて ジホの腕にしがみついた。

「ジ・・ホ?」

・・・しぃ・・・


おずおずと白い脚が逃げるのを 力強い腿が押さえつけた。

ジホは 首筋へ甘く歯を立てて 彼女の動きを閉じ込めた。

思いもしなかった感覚に 余裕なくあえぐスジョンを見守りながら
彼は ほとんど祈るような気持ちで 初めての身体を緩ませていった。

・・・・ぁ・・


「や・めろ・・ジホ・・・・」
「”スジョン”」
「!」

切なげに反る喉元へ ジホは 優しくささやいた。
私に”姫様”は抱けません。 今の貴女は 私の”妻”だ。

「”妻”は・・夫に従うものです」
「・・・」
「いいですね?」

「・・ぅ・・ん・・・」


いい子です。 スジョンの髪を撫でながら ジホは慎重に指を使った。
 
ジホ・・と不安げに甘える声が 次第に快感に揺れはじめて
愛らしく 小さな 初めての波が スジョンの身体を震わせた。

 

今だろう。

力の抜けたスジョンの脚を ジホは大きく開かせた。

指の代わりに 震える場所へぴたりと身体を押しつける。
そうして 彼女を怖がらせないように なだめる眼差しで微笑んだ。

 


スジョンは いつもは冷ややかなジホの 優しい眼差しに魅入られていた。

今日のジホは 私をまるでヒナの様に包んでくれる。


「・・スジョン・・・」

「!」

スジョンのふわりと笑った口を狙って ジホが熱い唇を寄せた。
唇を軽く噛んで開かせると 舌を挿し入れて甘く吸う。

始めはびっくりしたスジョンも 情熱的な口づけに夢中になった。

白い腕をジホの首に巻きつけ 教えられたことを真似してみた。 


・・・・・・ん・・・・

 

官能を揺らすスジョンの唇に 危うく理性を失いかけながら

狼は じっとその時を待って 愛しい人に唇を重ねた。

 


やがて 息の続かなくなったスジョンが 切なげに甘えて鼻を鳴らした。
ジホは彼女の限界ぎりぎりまで待って ようやく唇を開放した。


は・・・ぁ・・

救われたように息を吐いて スジョンがゆったりと絹に沈む。

その瞬間を狙い澄まし 大きく背中を泳がせると
狼は 緊張のとけたスジョンの身体を ひと息で深く貫いた。


「!!」


———

 

気を失いそうな快感を ジホは 必死で押さえ込んだ。

出来る限りは なめらかに彼女を奪うことが出来ただろう。


身体の下では可愛い人が 痛みに身体を震わせていた。

彼女を抱けば間違いなく 罪悪感に苛まされると覚悟していたのに
今の自分を満たしているのは 愛しさと 見たこともない感情だった。


彼女の中は温かく ジホを求めて潤んでいた。

ジホは細い腰をつかんで さらに深く身を沈めた。
“この人は自分の半身だ”。  身体中の細胞が 叫んでいた。

生まれた時から一度として 自分に与えられることのなかったもの。

「幸福」と 呼ばれているものが その時ジホの手中にあった。
 

 

「・・・」

スジョンは 耐えられただろうか? 不安げに下を見やったジホは 
こらえきれずに微笑んでしまった。

大きな眼を潤ませたスジョンは 口をへの字にへしゃげていた。


“・・いったい ジホは 何をしたのだ?”

そう言いたげなベソかき顔が あまりに可愛くてたまらなかった。
涙で見上げる愛しい人は 今 ジホだけの宝物だった。

 

逃がさないように抱きしめて ジホはスジョンに笑いかけた。

「大丈夫ですか?」

「・・ぅむ」
「申し訳ありません。 その・・赤子を作る時には この様にいたします」
「そぅ か・・」

衝撃を受けたことを知られまいとして スジョンは平気を装っていた。
ジホは まなじりの涙を指でぬぐってやると 恋人の額へ唇をつけた。

「もう少し先があります。 ・・我慢できますか?」

「・・ん・・・」

答える声が哀れにか細く ジホは切なく微笑んだ。
スジョンの手を愛しげにさすり 指を差し入れてしっかり握った。

「こらえられなかったら 言ってください」

 


ジホは スジョンを見つめながら ゆっくりと身体をすべらせた。 

涙目の彼女を励ますように口づけ 汗ばんで 額に貼りついた髪を梳いた。

快感に負けて暴走すまいと 懸命に歯を食いしばっていると
スジョンが たくましい身体の下から 心配そうに問いかけた。

ジ・・ホ・・・?

「・・・はぃ」
「お前も”これ”は痛いのか? 辛そうな顔をしておる」
「!」

ふいを突かれた狼は 一瞬 あ然と動きを止めた。
・・・本当に。 なんと可愛らしい人だろう。


ふ・・・

「すみません。 ・・私は 天国にいる心地です」
「?!」
「許してください」


限界だ。 ジホの 理性の留め金が切れた。

腕の中に しっかりスジョンを抱きしめると ジホは歓喜へ走り出した。

 

 

・・・すぅ・・  ・・すぅ・・・


身体を拭く男の手に抗いもせず スジョンは 寝息を立てはじめた。

初めての事に 随分と疲れてしまったに違いない。
薄く笑った征服者は つややかな髪をうっとりと撫でた。


腕枕をそっと差し入れると どうやらそれは気に入ったようで

スジョンは 柔らかく寝返りを打つと ジホへ安らかに身体を寄せた。

 


細い肩を撫でながら ジホは ぼんやり想いに沈んだ。
確信していた事ではあったが やはり思わずにはいられなかった。


“手折らずに 逝かれたか・・・”

その気になればあの人は 水晶妃を妾にも出来たのだ。


まして最後は スジョンの方から腕の中へ飛び込んだ。
いくら壮年だったとしても 男なら 揺れる気持ちはあったかもしれない。

ジホは今更ながらに 御大の 大きな想いに打たれていた。

立場は敵国の人であっても 敬するに値う人だった。


「親父様・・・ 中将閣下・・」

スジョンを護れと 自分に後を託して逝った人達。 

片腕に抱いたスジョンの身体を ジホは思わず抱き寄せた。
誰に言われるまでもない。 スジョンは ジホの命だった。


——-

 

・・ジホが 寝ておる。


深夜に ふと目覚めたスジョンは まじまじと隣を見下ろした。

端整な顔にまつげを伏せて ジホはぐっすりと眠っていた。

ジホの太くてたくましい腕を 自分は 枕にしていたらしい。
男の腕は スジョンの身体を護るように包んでいた。


「・・・・」

筋肉質で固いジホの胸が 静かな息に上下していた。

“すみません。 ・・私は 天国にいる心地です”

組み敷いたスジョンを覗きこんで 照れたように笑った顔。
スジョンは今まで あんなジホを 一度も見た事がなかった。


スジョンは ジホの胸を走る刀傷に そっと指を這わせてみた。

自分の前に立ちふさがり 一歩も退かずに護ってくれた男。
その狼が 今夜自分を抱いて 歓喜のうなり声をあげた。 

 

「・・・”あれ”は いいな」

スジョンは 艶やかに微笑んだ。

今まで自分は一度たりとも ジホに 何かを与えたことはない。

痛い思いはしたけれども ジホはとても嬉しそうだったし
何より 自分を愛しげに見つめて 甘えると優しく撫でてくれた。


スジョンは ジホにすり寄ると 甘えて鼻を鳴らしてみた。

ぴくり・・とジホの寝顔が揺れて 腕がスジョンを抱き寄せた。
ジホが自分に応えた事に満足して スジョンは もう一度眠りについた。


——–

 

侍女が板戸を開けたのだろう。  寝間が ほんのり明るくなった。


ジホは ゆっくり眼を醒まし 
自分の腕を枕にして 眠り込んでいるスジョンを見た。

彼女の寝顔を見つめると こらえきれない笑みが浮かぶ。
触れてみようかと伸ばしかけた手を ジホは途中で握りしめた。

薄明かりにも白い肌に 点々と 赤いあざがある。
それが 自分の激情が付けた唇の跡だと気づき ジホは顔を赤らめた。


すでに目覚めた男の身体は ”自分のもの”を欲しがり始めている。

ジホは静かにため息をつくと そっとスジョンから腕を外した。

このまま添い寝をしていたら 自分を止めることが出来なくなる。
知り始めたばかりの水晶の身体に まだ それは早すぎた。

 

ジホは寝床を抜け出すと 夜着を羽織って部屋を出た。

冷たい水でも浴びるしかないなと 自嘲気味に肩をすくめていると
隣の寝間にコトコトと 侍女が忍び入る音がした。

「・・・そうか」

 

自分は 寝間まで侍女が付くような 本物の姫を娶ったのだ。

今更ながらに 現実が 自分の負荷を教えてくれた。


戸の向こうからインスクの くぐもった声が聞こえてきた。


——-

 

スジョンは ふくれ面をして 空っぽの隣を見つめていた。

ジホはまるで夜盗の様に 自分を置き去りにして行った。


「・・・昨夜は いかがでございましたか?」

ジホのこととて 心配はしておりませなんだが。
床を整えているインスクに スジョンは口を尖らせた。


「ジホは 下手くそじゃ」

「は?」
「痛うしよった」

“子作り”まではしなかったけれど 閣下と寝た時は痛くなかった。
置いてきぼりの悔し紛れに スジョンは少し拗ねていた。

敷布に散った純潔の染みを見ながら インスクは小さくため息をついた。

それは・・・痛くはございましたでしょう。

 


隣の部屋では 狼が 静かに眼を閉じていた。

どうやらジホの宝石は 機嫌を損ねてしまったらしい。

 

 

 

sign_boni.gif

 

 

 

 

 


 ←読んだらクリックしてください。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*