「水晶妃」について

これは「JUNI」の番外編、「ハルモニ」に出て来た

ジュニのおばあさんとおじいさんの 若き日の恋の物語。


この年齢の女性を書くと どうしても太平洋戦争や朝鮮戦争に時代がかかるので

ハッピーマニアの私としては かなり長いこと書くのを躊躇していたのですが・・。
「でも 書きたいのは恋愛ダモン」ということで 思い切って書いてみました。

「私は歴史が苦手だから この話を敬遠していたけれど 読んだらツボな恋バナだった」
そんな感想をくれた方がいて ちょっとホッとしています。
そうなの 書きたいのはラブロマンだから・・

21 Comments

  1. おじゃまいたします。
    Yさんに紹介していただいて、こちらに辿り着きましたが、
    どこでご挨拶していいものやら・・・(^^;)
    最近は 韓ドラ熱がいささか冷めておりまして、それがどうやらボニボニワールドにどっぷりのせいだと気付きました。心地良すぎますもの。
    スジョンはもちろんですが、JUNI&茜カップルもとっても素敵なお話で、ハルモニまで読み終えました。これからジュニパパのお話を少しづつ読もうと思います。・・・あ、でも読み出したら止まらないことはわかっているんですけどね。(笑)
    「水晶妃」の続きも楽しみにしています。
    あ~感想になっていなくてごめんなさい。今日は初めてのご挨拶ということで。(ペコリ*^^*)

  2. うわー、ありがとうございます。
    韓ドラと較べていただけちゃ~ まー光栄です(^^//)
    スジョンからジュニに遡ってお読みいただいたのでしょうか。
    楽しんでもらえたなら幸いです♪
    ご挨拶どうもありがとうございます!

  3. はじめまして!
    こちらで、ご挨拶をさせていただきます。
    ボニボニさんのお話は、ボニドンの第1話からリアルタイムで、
    拝読させていただいております。
    ジュニちゃんは、数話掲載後にやっとの思いで、某所にたどり着き
    徹夜で読みふけりました。
    公私ともに、哀しいことや辛いことで落ち込んだ時は、
    何度も何度も読み返し、ジュニと茜ちゃんに元気を頂きました。
    そうして今は、「水晶妃」です。
    UPされるとまず臨時部屋で拝読し、次にSOBで、
    最後にこちらにおじゃましております。
    同じお話のはずですが、
    皆様の感想やボニボニさんの予告編及び裏話等により、
    それぞれのお部屋で、新しい感動をいただいております。
    皆様のように、すばらしいコメントを残すことは出来ませんが
    皆様と同じように、感動し感謝しております。
    一度 お礼が申し上げたく 深海より浮上いたしました。
    いろんなお話の番外編や記念日特別編等が、
    いつまでもづづくことを希望しております。
    いつもいつも素敵な作品をありがとうございます。

  4. うわ! お客様がいらっしゃってた~~!すみません!
    ● chisaisa さん
    >ボニボニさんのお話は、ボニドンの第1話からリアルタイムで、
    読んで下さっていたのですか?
    うわーありがとうございます!嬉しいわー。
    このサイトのメンバーでもある「まめちゃん」ことhamamechanは
    ボニドン第一話に 1番レスを付けてくれた人です。
    ウェブに疎かった私は 自分のお話に感想をつけてくれる
    人がいることにびっくりして、とても嬉しかったです。
    それに味をしめて せっせと書かせていただいています。
    深海からの浮上ありがとうございます!
    これからも気が向いたら 声を聞かせてくださいね。

  5. はじめまして、ボニボニさん♪
    いつも素敵なお話ありがとうございます。
    実は、ボニドンファンの私。
    私の中で、ジホがだんだん、ボニドンと重なって
    ますます楽しみになりました。
    ボニボニさんのお話読むと
    なんか、胸キュン(古っ!)です。
    これからも、ヨロシクお願いします。
    ・・・そして、またボニドンにも会いたいです。。。

  6. わー! ぶるちゃんさん! 初めまして!
    すみません! ここを見逃していました!
    お返事がおそくなってごめんなんさい。
    ジホを読んでくれてありがとうございます。
    ボニドンから読んでくれているのですか。
    嬉しい~~!
    ジホも ビジネスマンになってドンヒョクちっくな
    面がでてきましたよね。
    胸キュンと言われると嬉しいです。
    そういうお話書きたいから(^^)
    クリスマスに久しぶりのボニドン上げました。
    読んでいただけていたら嬉しいなあ・・

  7. あちらはどうなってしまったんでしょうか?
    プログラムを改修するなら、ちゃんと基本的なテストは済ませてからアップして欲しいですね。
    で、こちらで読めるかな?と思い来てみました。
    ボニボニさま「水晶妃」完結おめでとうございます。
    冷徹な歴史描写に裏付けられた、骨太なラブストーリー。
    ただで読ませていただいていていいのだろうかと、常々思っています。
    やはりハッピーエンドはいいですね。好きです。
    今私の脳内には、エンドロールとともに、小此木中佐殿の乗った車のリアガラスを通して、仲睦まじい3人の姿が遠ざかって行くラストシーンが…。
    P.S.
    さすが天才ジウォン、幼稚園で囲碁!?
    小1の凡才息子は、将棋の駒の動きを覚えたくらいで、挟み将棋さえ覚束ないですよ…(涙)

  8. あ、ともこちゃんいらっしゃいませ~。
    あちらは一体どうなっちゃったんでしょうね(^^;)
    SOBでしか読まない方にはどうしようかな~と
    困っちゃいます。
    長々お付合いありがとうございました!
    >やはりハッピーエンドはいいですね。好きです。
    えへへ。私もです。いくらいいお話でも悲劇だとその後が辛いんです。
    「いいじゃねえか作品として甘かろうがハッピーにしてくれ~」
    って思う方なの。
    >今私の脳内には、エンドロールとともに、小此木中佐殿の乗った車のリアガラスを通して、仲睦まじい3人の姿が遠ざかって行くラストシーンが…。
    わ~そんな感じ、そんな感じ。
    最後にシートに沈む小此木さんが 解脱したように微笑んでね。
    ユラさん 作ってくれるかな~。どんな最後かな~。
    話あげると もう観客になって待っちゃう。
    でも ボロ○リ治らないと見られないですね。

  9. ボニさん、ついに水晶妃 完結おめでとうございます。
    昨年のイベント時にこちらを作家のSさんから教えていただき、
    その後は3ヶ所で読ませていただきながら、こちらは読み逃げでした。一度もお礼も言わず すみません^^;
    せめて最後の回だけは一言お礼をと思い、浮上です!
    このお話はジホとスジョンの正に純愛なのですが、
    背景が戦乱の朝鮮近代史で、知らないことばかりでした。
    ボニさんのお話で一緒にお勉強させて頂き、
    本当にありがとうございます。
    このお話がスタートした頃だったと思いますが、
    3年前に亡くなった弟と仲の良かった韓国の方と交流するように
    なりました。
    その方は亡くなった弟を実の兄のように慕ってくださり、
    ここまで・・? と驚く位に、その誠意を示してくださるのです。
    今でもその方との交流は続いているのですが、
    そんな事もあって余計ジホに肩入れして読んでいました^^。
    瀬野中将と小此木中佐のように、国の違いを超えて、
    人と人とが認め合い、尊敬し合える出会いが戦乱の中にあっても
    きっと存在したことだろうと信じたいです。
    固い言い方になってしまいましたが^^;、
    ハッピーマニアのボニさんに心底惚れて(お話にでーす!!)
    ボニドン、ジュニ、ジウォンを追い、行き着いたジホ!
    あーー、この水晶妃は本当に素晴らしかった!
    明日から行き先を失ってしまいそうでオロオロですが、
    いえ、そうなったら戻りゃ~良い訳で・・・
    SOBやこちらでまた何度もまとめ読みしては眼を腫らし、
    寝不足!! と、寸暇を惜しんで昼寝をし、
    そのうちに続編OR番外編の出てくるのをひたすら待っております^^
    ボニさん、本当に長編力作 ありがとうございました!!
    ボニ

  10. あ、hiroさん いらっしゃいませ~!
    丁寧なご挨拶どうもありがとうございます。
    あっちでもこっちでもお読みいただいてありがとうございます!
    >昨年のイベント時にこちらを作家のSさんから教えていただき、
    うふふ・・・うちの書き手はAちゃんとBとSちゃんとVちゃん
    しかないなからなあ・・。こちらでも会えて嬉しいです。
    ここのメリットは読む時【前のページ・次のページ】と
    本みたいに見られることですよね。
    >3年前に亡くなった弟と仲の良かった韓国の方と交流するように
    なりました。
    >その方は亡くなった弟を実の兄のように慕ってくださり、
    >ここまで・・? と驚く位に、その誠意を示してくださるのです。
    >今でもその方との交流は続いているのですが、
    >そんな事もあって余計ジホに肩入れして読んでいました^^。
    うーん。そうですか。亡くなった弟さんはその方の
    良いヒョンだったんでしょうね。国を超えて人はつながりあえる
    のだと うかがって再認識しました。
    >ハッピーマニアのボニさんに心底惚れて(お話にでーす!!)
    そ、そうか、「オハナシに・・」か。
    今 ちょっとお布団敷こうかと準備しそうでした。
    本当にお付合いどうもありがとうございます。
    えーと ジホとスジョンに関しては ストーリーを進める
    都合上書いていられなかったエピソード(別名ラブエロバナシ?)(^^)があるんですよね・・・
     
    ドラマチックじゃなく ただの「ジホとスジョンのフーフ生活」
    ですが・・。
    ジホが カッコよくないかもなあ(なんせスジョンとだけの話
    なので負けばかりだろうし)
    ジホのイメージ壊すかな~と思ってUPを逡巡しているのです。
    そのうちここで上げて 倉庫のお客さん増やしに役立てようかな
    ・・なんて思っています。
    そのうち上がったら 良かったらですけど お付合いくださいね。

  11. こんばんわ。
    あちらにもアップされましたね。おめでとうございます。結局何だったんでしょうか…?
    yuraraさまのvisualバージョンもいつもながら素敵です。
    「ジホとスジョンのフーフ生活」
    ジホは負けばかり?いいんじゃないでしょうか。ボニドンは勝ちばっかりみたいなので、そういうところもぜひ読みたいです。
    我が愛すべきコチュガの娘には、望むべくも無いファクター…(涙)

  12. あ、どこかのともこちゃんいらっしゃ~い♪
    >あちらにもアップされましたね。おめでとうございます。結局何だったんでしょうか…?
    ありがとうございます。 ホント なんだったんでしょうね?
    いきなり今まで使えていたタグが拒否されると 
    PC音痴はどうしていいのかとただ困ります。
    月曜は私が上げた後も また不具合で上がらないとSOBスタッフの人が困っていましたが 解決したかな・・。
    >yuraraさまのvisualバージョンもいつもながら素敵です。
    まったく あれはたまげますね。どっからこの画像?と思う。
    また 取ってくる表情がうわ~・・って程ツボなんだから。
    あのものすごい画像創作をあっという間に作るんだから 
    感心する以上に呆然です。 私 上げると連絡なんかしないのに。
    >「ジホとスジョンのフーフ生活」
    ジホは負けばかり?いいんじゃないでしょうか。ボニドンは勝ちばっかりみたいなので、そういうところもぜひ読みたいです。
    えへへ。 まあ勝っても負けても 最後は同じなんですけど。
    ボニドンはジニョンさんに甘えているし 
    スジョンは ジホに甘えちゃってますね。

  13. 初めまして。アルファポリスから飛んで来ました。
    なにげな〜く、恋愛小説大賞をクリックして、上位の完結してる作品から読み始めたのですが…。まず『ジュニシリーズ』のラブコメタッチに惚れ込み、『〜プロフェッサー』で興奮し、『水晶妃』で心臓をぶち抜かれました。
    激動の歴史的背景に紡がれた、紛う事無き純愛!感動しました!
    世間知らずで、清々しいほど真っ直ぐな『水晶妃』と、その姫を己の能力全てで守る一途な『狼』。この二人の絆が素晴らしいです。
    最終話の小此木中佐が振り返って目に入った親子三人の描写も、まるで映画のワンシーンの如く、脳内で鮮やかに浮かび上がり…。素晴らしい余韻を残してくれました。
    私はアメリカ在住なので、韓国の歴史やドラマには疎いですが、数年前にソウルには行った事があり、その時観光した建造物の多くが再建されたものだったのが、印象的だったのを覚えています。勧められて足を運んだ戦争記念博物館では、ソウルの歴史がまさに戦争に次ぐ戦争の歴史であることを知りました。
    これを読みながら、その時感じたことも思い出しましたよ。
    色々な意味で、とても深い感銘を与えてくれた作品でした。
    ありがとうございます。
    勿論、恋愛小説大賞には投票させて頂きました!
    ところで、ボニドンとかSOBってなんでしょう?
    どこか別の所に作品があるのでしたら、ぜひ拝見したいところ…。

  14. うわ~ mkinbos さん ありがとうございます!
    すごく すごく嬉しいお言葉です!
    新しい読み手の方に出会いたくて アルファポリスに
    コンテンツを登録したのですが その甲斐がありました。
    うっうっう・・・嬉しいです。
    >ところで、ボニドンとかSOBってなんでしょう?
    >どこか別の所に作品があるのでしたら、ぜひ拝見したいところ…。
    解りにくくてすみません。
    SOBというのは 会員制の創作サークルです。
    4000人以上会員がいます。 韓ドラのファンです。
    ボニドンと言うのは Dal0044のボニボニの部屋にある
    「My hotelier」という創作のことです。
    このお話はホテルを題材にした韓国ドラマ「ホテリアー」の
    二次創作なのですが 主人公はクールでスマートな
    シン・ドンヒョクという韓系アメリカ人なんです。
    私の二次創作の中のドンヒョクは コミカル&セクシーに
    脚色されているので「ボニボニのドンヒョク」⇒「ボニドン」
    と呼ばれております。
    これはなんと200話もあるのですが 全部こちらへ納める予定ですからよろしかったら読んでみてください。
    基本的に1話完結のオムニバスなので 軽くて甘いラブコメディとして本編を知らなくてもお楽しみいただけると思います。
    特に Sマークが付いている話は「サイドストーリー」と言って ホテルの様々なスタッフの話を書いていますので 本編なしで読むのにいいです。
     今上がっている中だと「ドアパースン」あたりがお勧めです。

  15. ボニ様 甘色夜話 ガンホ爺の指南は なかなか!
    素直なひぃ様は、学習したら 即実行という 真面目な(笑)
    姫さまですね^^
    ただ ジホは ガンホ爺の入れ知恵に ちょっと 恐怖なのかも!
    これほどかわいい新妻はいませんよね。ジホの大傷を姫さまを
    護った最大の勲章だと・・・幼かったジホにとって
    支えとなる インスクとガンホ爺ですね。

  16. 「JUNI」シリーズの「読んだよ」に書き込んで以来のお邪魔です。子持ちの求職中の主婦です。
    「イ家三代話」(?)読了いたしました。「JUNI」から始まって「水晶妃」まで、読めば読むほど面白くなって・・・。実は昨夜も寝る直前までスジョンのお話を読んでて、興奮したのかなかなか眠れませんでした。それほど、首根っこを掴まれる勢いで物語に引き込まれました。
    登場人物がみんなとてつもなく魅力的で、「水晶妃」に至っては場面の一つ一つが映像で浮かんでくるくらいでした。ハルモニがジョナをさらおうとしたのは、前科があったんですね(笑)。ジュニの激昂するさまはジホゆずりだし。情が深くて賢いイ家のDNAはしっかり受け継がれているんですね。
    文章の表現の仕方も素晴らしく、ぐいぐい心に食い込んできました。戦後の小此木氏の再訪の場面は泣きながら読んでました。
    これほど「先は読みたいけれどお話は読み終わりたくない」と思ったお話はありません。もっとみんなのお話が読みたいです。ジュニと茜に赤ちゃんが生まれたら、またハルモニが誘拐を画策するんでしょうか(笑)。できたらどのカップルのお話も、満遍なく書いていただきたいくらいです。それまで「JUNI」をもう一度読んでます。うふふ。

  17. あ、お客様だ~い♪
    ・bannbiちゃん こんちわ!
    >幼かったジホにとって
    支えとなる インスクとガンホ爺ですね。
    そーなんです!ジホは血縁に恵まれませんでしたが
    親父様、インスク、ガンホ、様々な人に支えられて
    スジョンにはまっすぐ想われて。 ・・恵まれてるじゃん(^^)
    ・ぺえたさん わ~ん! 嬉しいコメントをありがとおおおお!!
    先は読みたいけれどお話は読み終わりたくないなんて
    もうもう 書き手冥利に尽きるお言葉をいただいちゃって
    きゃっっほ~~!!
    またどうぞ 遊んでくださいっm( _ _)m ありがとう!
    子持ちで求職は大変ですよね でもファイト! 
    ボニも子どもが生まれてから仕事先を変えました。ぺえたさんが 良い仕事先がゲットできますようお祈りします。

  18. こちらにもお邪魔しますyon♪
    キャハ・・なんとなく分かったけどね。
    手でしたか・・・徐々にってことかな?
    しかしガンホに近寄るな!とも言えないし。
    でも、ジホからは望めないことをして貰えるのは
    ちょっと嬉しかったりして。
    二人が幸せで何より何より^-^

  19. あ、yonyon師匠いらっしゃ~い!
    ガンホはねえ 一途にひぃ様を思うジホが
    いじらしくてたまらなかったんです。
    だから2人が相愛で結婚したのが嬉しくて嬉しくて
    エロ爺のガンホは 夫婦和合の決め手は 仲良くヤルことだと
    信念持っちゃっているのですね。
    堅物のジホは 姫様大事の一心で手も触れないんじゃないかと
    勝手に心配なんかしちゃって 姫様をけしかけているわけです。
    >でも、ジホからは望めないことをして貰えるのは
    >ちょっと嬉しかったりして。
    ジホとしては 無垢な姫様にナニ吹き込んでいるんだ!
    って怒りもあるけど 自分しか知らないことだし・・
    嫌かっつーと まったく嫌じゃないし・・・・
    痛し痒しな狼さんです。

  20. 兄貴がにやけてる顔なんざ 想像することも出来ない!
    な~~んて思っててもしっかり想像してる・・・
     昔の仲間の行く末もちゃんと思ってるそんなジホを慕ってる・・・
     そんなジホだから離れられないんだろうね、男も女も!

  21. ●BABARちゃんコメントありがとう!!
    >兄貴がにやけてる顔なんざ 想像することも出来ない!
    ホントにね。 にやけた狼なんか・・
    でも その顔はきっと幸せそうだろうなあ・・
    >昔の仲間の行く末もちゃんと思ってるそんなジホを慕ってる・・・
    うん。 ジホは 一旦護ると決めた者を決して忘れない。
    大きな包容力です。キャー素敵!

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*