41パフ ー僕の風を追いかけてー

puff_title.jpg

 

 

 

夜の終わり。

 

あくびをしながら モニターを閉じようとしていたバーニーは
少し前にログインしてきたジェイが ログアウトしたのを見て眉を上げた。

 

ホバートは もうすぐ夜明けだろう。

いつものようにボス・ジェイは 早すぎる朝に業務報告をチェックし
そして そのままPCを閉じて休暇の中へ戻って行った。


“ボスが ねえ・・”

『3週間のリフレッシュ休暇』などと言っても ジェイのことだ。
3、4日すれば「あれはこうしろ。例の件はどうした?」と指示が来ると思っていた。


バーニーは眼鏡を外して 革のハイバックチェアへ沈み込んだ。

しょぼつく眼頭を軽く揉む。  

PCを閉じて 恋人の元へ向かうジェイを思うと
どうしようもなく緩む口元を バーニーは抑えることができなかった。

 

部下として頼れるボスではあるけれど 1人の人間として見るジェイは 
際限もなく張りつめてゆく 細い 鋼鉄のワイアーのようで

いつか とうとう限界が来て断ち切れるのではないかと不安だった。


“バーニー? お前・・この僕が パフに恋をしていると思っているのか?”

“「思っている」んじゃなくて 見たままの「事実を言っている」んだよ。
 ここ数ヵ月のボスの行動は 恋以外ではあり得ない“
「?!」

 

「クックック」

戸惑いに揺れるボス・ジェイを 見る日が来るとは思わなかったな。

バーニーは 胸のすくほど健やかな娘の笑顔を思い浮かべた。
ジェイは彼女を「パフ」と呼ぶ。 それがどれほど愛しげか 彼自身も気づかずに。

「“Puff”, the magic dragon か」

 

非情なカリキュラムで造り上げられたビジネスの帝王ジェイク・シンが
南半球の海に棲む パフに夢中になっている。 

「小さなジャッキー・ペイパーは大人になって パフを忘れたけどな」

 

30代も終わろうという今になって 初めてジェイは少年をやっている。

「そう簡単には醒めないよな。 大人の初恋は命取りだ」

 

さあて 寝るか。 

肩をすくめたバーニーは のんびり椅子から立ち上がった。

呆れた顔をしてみたけれど 友人として バーニーはジェイの変化が嬉しかった。


 

闇が濃紫になってゆく。 ジェイはPCをシャットダウンした。

黙り込んだモニターを見つめながら ジェイは自分をいぶかしんだ。


物心がついた頃からずっと 常に自分を急き立てていた
締めつけるような焦燥感が 何故か 今は感じられない。

仕事の報告をすべて読んだ。 いくつか気に留まる点もあった。

なのに 大した問題でないならバーニーに任せていいと思えた。

 


仕事に対するスイッチが切れた 不思議な“off”の感覚。

今まで 仕事から引き離されたりしたら 自分の居る場所を失くしたような
 不安に喰いちぎられて どうにかなってしまうと思っていた。


「・・・」

 

ジェイはぼんやり振り返って 寝室へ続くドアを見つめた。

あの先でパフが眠っている。 ジェイの眼差しが柔らかくなった。


忍び足でベッドへ歩く。 

パフは不自然に首を曲げて シーツの中で丸まっていた。

彼女の寝姿が不自然なのは そこにいた自分が抜け出したせいだ。
ジェイは淡く微笑むと 元いた場所へそっと滑り込んだ。

 

・・・ん・・・

夜気に触れたジェイの身体が 冷えていたに違いない。

眠りこんでいたパフの眉根が 不満そうに少し寄る。 


それでも ジェイが抱き寄せると パフは素直に身をまかせて
ジェイの腕の中へ 納まった。

「・・ジェイ?」

「うん」
「・・なん・・じ?」

「まだ朝ではない。 寝ていればいい」
「おしごと・・してたの・・?」
「僕は休暇中だ」


ふぅん・・と眠気に囚われたパフは 聞いていないような相槌を打つと

その先のジェイの言葉を待たずに 安らかな寝息を立て始めた。

 

腕の中が温かだった。 

抱えたパフの体温が ジェイを心地よく温めてゆく。

虚無でしかなかった“off”の世界は パフがそこにいるだけで
鮮やかな色と 風と光がきらめく 見たこともないような場所になった。

 

「・・僕のものだ・・・」

小さな声でつぶやいてみる。 浮かんだ笑みが ぎこちなくなった。

 


L.A.の秘書が マリッジライセンスの申請期間が切れると言ってきた。

“披露宴は後にして 手続きだけ先になさいますか?”


そうだな・・と言ったきり その先の指示が出来なかった。
ジェイは今 自分の中に生まれた不思議な気持ちに困惑していた。


“僕は パフを失えない”

この数カ月を振り返って ジェイは 1つの結論を得ていた。

自分が パフのいない以前の世界に戻れるとは到底思えない。
その結論が今 ジェイを どうしようもなく立ち止まらせていた。

 


パフが 欲しい。

抱くだけでなく。 結婚して「仲のいい夫婦」になるだけでなく。

パフの心も。 パフが夢見た恋の相手になりたい。


ママの屋敷のベランダで ジェイの胸へ飛び込んできたパフ。
あの時 ジェイはパフの運命になりたいと 突き抜けるように思ったのだ。

 


・・・たぃ・・・

「!」


「苦しいわ ジェイ。 そんなに強く抱きしめちゃ」
「・・すまない」
「どうしたの?」


強引に眠りを破られたのに パフの声音が優しかった。
お仕事のことで 何かあったの?

「ちょっと 考えごとをして。 本当にすまない」
「いいけど。 ねぇジェイ 大丈夫? 何だか具合が悪いみたい」
「・・ぃや」


腕の中からパフの手が伸びて 心配そうにジェイの頬に触れる。

柔らかなパフの優しい手。 そうだ パフはいつだって真摯でそしてとても優しい。

コン・チャン・リーの言うままに結婚することを決めた時も
「相手の人に悪いから」 良い妻になるように「努力する」と言った。

 

「パフ?」

「なあに?」
「・・・・」


「?」

 

パフは上体だけ起こして ジェイの顔を覗き込んだ。

ジェイは 不器用な笑みを浮かべてパフの胸へ鼻先を埋めた。

 

 


 

20 Comments

  1. す、すみません。 随分遅くなりまして・・(^^;)
    あれやこれや やることがある所へもってきて
    PCを新しくしたもので 何だかいっぱいいっぱいでした。
    ともかく 先を進めなきゃ~と焦っていたのですが大遅刻ですみません。

  2. ボニさん。お忙しいのにありがとうございます。
    実は・・・待っておりましたよ。。
    PCを新しくすると何かと大変ですよね。
    ジェイがパフの愛で人間らしく!?なっていくのが楽しいです。

  3. 「マリッジライセンス」調べてきました♪ボニさんのお話は毎度勉強になります。
    よくわからなかったけど、結婚するのもそれぞれのお国で違うってことが、改めてわかりました。
    日本の場合は、したい時にしたよって届けるだけだから、案外簡単なのかも。
    あちらでは、ご許可いただくって感じなのでしょうか?申請するのに期限まであるのね。
    さて、自分の居場所が見つかるって、結構難しい事ですね。
    >物心がついた頃からずっと 常に自分を急き立てていた
    >締めつけるような焦燥感が 何故か 今は感じられない。
    親がジェイに強いた、マインドコントロールがパフによってほどけてきたね。
    40年近く、こうだと思い込んでいた世界が変わる。
    なかなかに大変なことだけど、ジェイが本当の自分を生きられるようになる姿、見守っていくよん。

  4. 2人に会えて嬉しい!
    ジェイはこんなふうに心が揺れる人間になれたんだね。
    契約だとかなんだとか、そんなことじゃなくて
    ちゃんと愛し合う2人になって結婚したいって思うような人になれたんだね。
    泣けるo(__)ノ彡
    このあとジェイはパフとどんなふうに向き合うんだろうな。
    これからの生活をどんなふうに描いていくんだろうな。
    たのしみだなあ。
    いろいろ妄想するけど、いつもボニさんが紡ぐ世界は想像もつかない展開で、
    私の妄想が当たったためしはありません(*^m^*)
    だからよけいに、ほんっと楽しみ。

  5. ボニさん、お元気で何よりでした。
    葬儀の上に溜まった仕事にお疲れ出て、風邪でも引かれたんではないかと、、、ちょっと心配しながら、、、実は・・・待っておりましたよ。。②
    今回のツボ! 「パフの運命になりたい」キャ~ッかっこいい!! 
    そんでもってL.Aで事務的に婚姻(契約)届を出せなくなっちゃったんだね~
    じゃあ、ホバートにする?
    マイトに囲まれて、思いっきりラブラブの船上結婚式!、、、とあれこれ想像しております。楽ッしみ!
    それにしてもバーニー、あなたも休暇取らないとだめよ!
     

  6. いらっしゃいませ~。 遅くなってごめんなさい~!
    ●mizukyさん ご心配いただいてすみませーん
    >実は・・・待っておりましたよ。。
    (^^;)たはは・・すみません。待っていただけて嬉しいです。
    > PCを新しくすると何かと大変ですよね。
    そーですよね。
    設定がどーとかこーとかもーとか・・・・
    メカ音痴なので じたばたです。PC使って長いんですけどねえ。

    ●おうtamasuちゃん いらっさーい。 遊んでくれてありがとう。
    >あちらでは、ご許可いただくって感じなのでしょうか?申請するのに期限まであるのね。
    申請期間は州によって違ってひと月以内とか 何年もある州もあるみたいです。日本の方が ハワイなんかで挙式する時用のマリッジライセンスもあるみたいですね。
    >40年近く、こうだと思い込んでいた世界が変わる。
    ビジネスの場にしか自分の世界がなかったジェイが 人としての世界に気づくんだから 大変さねえ・・

    ●シーター~~~ お待たせいたしましたー。
    >契約だとかなんだとか、そんなことじゃなくて
    > ちゃんと愛し合う2人になって結婚したいって思うような人になれたんだね。
    仕事を円滑にするために すぐにでも結婚しようとしてたのにねえ・・
    チャン・リーの娘が手に入ればいいと思っていたジェイなのに
    パフの心が欲しくなっちゃったです。
    >このあとジェイはパフとどんなふうに向き合うんだろうな。
    ねえ・・・(^^)
    また おつきあいください。 ってか シータもまた書かないと。

    ●わーnktotoro8さん 心配させてごめんなさいー!
    >ちょっと心配しながら、、、実は・・・待っておりましたよ。。②
    えへへ。 そういっていただくと 申し訳ないやら嬉しいやらです。
    >今回のツボ! 「パフの運命になりたい」キャ~ッかっこいい!! 
    はいー。(^^//)
    ママの屋敷で うっとりと恋にあこがれるパフを見て
    彼女の運命になりたいと 自覚したんでしょう・・
    >そんでもってL.Aで事務的に婚姻(契約)届を出せなくなっちゃったんだね~
    (--;)そーなんすよね。
    パフを 心まで手に入れたいと思ってしまうと さあ大変。
    心に関しては まったく今まで 気にしてもこなかったジェイですからねえ・・・どうするのやら。

  7. 拍手の方に 「体調壊したのかと思った」という 温かい心配のレスをいくつも頂いてしまってたわ。
    すみません m(_ _;)m 身体は大丈夫です。
    ところで「ジャッキーペイパーって誰?」
    というご質問も頂いていました。
    「ジャッキーペイパー」は 昔流行った『パフ』という歌の中に出てくる 小さな男の子の名前です。
    『パフ』という歌は 
    ある島に パフという名の竜(マジックドラゴン)が住んでいて
    少年ジャッキーペーパーと出会うというお話なんです。
    2人(1人と1匹?)は 仲良く遊んでいたけれど
    いつか 大人になったジャッキーは パフのことを忘れてしまう。
    忘れられてしまったパフは 悲しくて洞窟にこもってしまうという
    ちょっと哀しい結末です。
    とてもきれいな曲なのですが 最後がどうも切なくて
    ジャッキーペイパーとパフが いつまでも幸せなお話を書きたくなったんです。
    いい曲なので 機会があったら聞いてみてください。
    カラオケにもあると思います。

  8. うふふ・・・
    バーニーと同じく『恋する少年』ジェイを見るのがうれしい。
    自分が支配するものでありながら、どこか自分の存在の拠所でもある仕事を、
    人に任せてもいいと思えるようになるなんて。
    友人としてのジェイの変貌を喜んでる気持ち、一緒になってうんうんとうなずいてます。
    パフのおかげで鮮やかな世界の存在に気付いたジェイが、
    契約でしかなかった結婚をどうするのか楽しみだ~
    『パフ』って子供の頃、みんなのうたで聞いたことあります。
    きれいなメロディーだけど、一人ぼっちになったパフがかわいそうで、
    洞窟に入って行くパフの姿が、子供ながら何とも切なかったです。
    元歌は英語なんですね、知らなかった。

  9. 出かける前にちょっと覗いたら おう!まめちゃんだ!
    ●まめちゃんいらっしゃーい! プチお久しぶりでした。
    遊んでくれてありがとおおおお・・
    >バーニーと同じく『恋する少年』ジェイを見るのがうれしい。
    ありがとうございます。
    ビジネスの場しか いる場所のなかったジェイ。
    恋したパフのそばで もじもじ少年していて可愛いですよね(^m^)
    >契約でしかなかった結婚をどうするのか楽しみだ~
    そこなんでした。 今のジェイの問題は。
    契約でしかない結婚をしてパフを手に入れても
    パフの心は手に入らない。
    とはいえ 自分は契約でパフと婚約した男だし・・
    困りましたねえ。
    >洞窟に入って行くパフの姿が、子供ながら何とも切なかったです。
    そうそう(><) うろことか抜けちゃって可哀想なの。
    >元歌は英語なんですね、知らなかった。
    はい。 昔のアメリカのフォークソングです。
    原曲は素敵です 機会があったら聞いてみてください。
    この話は ブラザー4の歌うパフを聞きながら思いつきました。

  10. ボニさんの「元気」がお義父さんには一番。
    私もそのボニさんの「元気」から生まれるお話しを楽しみにしていますよ!
    バーニーの
    >「大人の初恋は命取りだ」は名言ですね。
    仕事から離れると、自分の居場所を失うような不安・・・
    でも今はそんな仕事が「off」になっても温かい場所がある
    ベッドに残る、自分が抜けた後の形跡
    その場所にもう一度ピッタリと収まることができる嬉しさ
    そこが今のジェイの居場所なんですね
    ボニさん、素敵です(*^_^*)
    また次回のジェイを楽しみに待ってま~す。

  11. ボニちゃん、今週もありがと。
    何かと忙しいでしょうに、しかも年末に向け余計に?
    今週のJ&Pの何とも愛おしい、胸キュンでごじゃいます。
    >「“Puff”, the magic dragon 」
    聴いてきました。ビジー4の優しい歌声にまたまた胸キュン②。
    幼いころから、早く早くと自分に言い聞かせるように
    大人になってしまって、心を置き忘れてきた。
    そんなジェイがようやく心が身体に追いついてきて、
    今恋する青年に!
    >パフが夢見た恋の相手になりたい!と・・・
    運命の相手になりたい!と・・・
    パフの思いは?

  12. ボニ様
    ビジネスだけの世界に住んでいたジェイ!
    今の自分の変化を一番不思議に感じてるのではないかしら・・
    パフといること 感情が正常に働きだしてる 離れられない伴侶を手の中に入れた!いや入れようとしてる!
    まさにパフの心を! パフの支えになりたいと心底思っているジェイに今はお仕事は二の次です(笑)
    幸せって また不安もひっついてきて ハラハラすることもあるよね。初恋を思う存分楽しんで 成長してねっ!❤
    うれしいUPありがとうボニさん(*^_^*)

  13. ボニさ~ん、お忙しい中 アップを有難うございます^^
    愛おしい2人に会えてとっても嬉しいですーーー!
    ジェイの中でどんどん変化する感情に自分で戸惑っている・・・
    そうですね~人はPCや契約書で決めた通りにはいかないもの。
    初めて体験する感情や人とのつながりをパフを通じて知ったから
    ジェイはそれを拒否することなく、受け入れていくんですね~~
    心なんて考えたこともなかったジェイがパフの心が欲しいなんて!
    ベッドの中ではすっかり仲良しの恋人通しの会話なのに・・・
    どこかの理事みたいに、形だけではなく心底愛して欲しいのね~~
    さぁーージェイはどうやってパフにこの気持ちを伝えるのでしょう??
    パフだって、もう恋していると思うんですけれど・・・^^;
    見守るバーニーの温かい眼がとっても嬉しいです。
    きっと小太りの眼鏡をかけたお方ですよね^^

  14. お客様がお越しでしたー。 いらっさーい!
    遊んでくれて どうもありがとう!
    ●yuusaiさん ありがとう。 元気でやっておりますです。
    >仕事から離れると、自分の居場所を失うような不安・・・
    今まで それ以外の世界を持っていませんでしたからね(^^;)
    >ベッドに残る、自分が抜けた後の形跡
    >その場所にもう一度ピッタリと収まることができる嬉しさ
    パフの寝相がちょっと変なことも嬉しかったりします。
    ●yonyonちゃん なんか気忙しいよねえ。 もう師走だ。あっというま。
    >幼いころから、早く早くと自分に言い聞かせるように
    >大人になってしまって、心を置き忘れてきた。
    帝王学なんてものだけ与えられて 子どもの時間がなかったジェイ。
    健やかに育ったパフを知って やっと何がなかったのか
    知っているんですよねえ・・しくしく・・・
    >パフの思いは?
    ・・・・ね(^^)

    ●bannbiしゃん いつもどうもありがとう。
    パフが全部欲しいジェイ。 とっても困っています。
    >幸せって また不安もひっついてきて ハラハラすることもあるよね。
    そーなんですね。
    愛しいパフは腕の中にいるけれど 心まで手に入った訳じゃない。
    だけど 心が欲しいと言って 返事がNOだったら耐えられない。
    ジェイ 複雑であります。

    ●hiro305さんいらっしゃーませー。 毎度おつきあいありがとうぅぅ
    >ベッドの中ではすっかり仲良しの恋人通しの会話なのに・・・
    ホントです。
    寝ているパフのそばへ滑り込んで パフは「おしごと?」なんて言ってる。
    もうこれで 以前のジェイなら 100%だったでしょうね。
    なのに パフが欲しいと思うジェイ。成長しました。
    >見守るバーニーの温かい眼がとっても嬉しいです。
    >きっと小太りの眼鏡をかけたお方ですよね^^
    はい きっと。
    時々 ちょっと派手は縞のシャツとか着てますね。

  15. こんにちは。寒くなりましたね。
    私が住んでいる所は、昨日、初雪がチラチラと降りました。
    ところで、今回のジェイは切ないですね。自分の心の声がわかるようになって、パフに伝わるといいけど・・・。どっかの理事も言っとりましたな、失えないと(遠い目)まだまだ、半身への道は遠いね。ファイティング‼
    パフも、早く自分が恋してる事、気がついて欲しいな。恋焦がれた運命の相手だと思っていた、キャプテンに会っても、普通でいられて、ジェイの事考えていたりした時点で恋の始まりだと思うけどなぁ。

  16. ジェイはとうとう自分が何を本当に欲しいのか、気づきましたね。
    バーニーがいう「大人の初恋」ができてよかった!
    最初はいろんな理由をつけて、
    コン・チャン・リーの‘孫’と結婚しようと考えていたジェイが、
    今は無条件にパフの心が欲しいと言ってる。
    昔・・・遠い昔、誰かも言ってましたね。
    「好きになるのに理由はいらない」って(*^。^*)
    パフがママの家を見て、泣いちゃうんじゃないかと
    私はひそかに心配していました。
    でも!パフは望みがかなって、ママと同じジュリエットな経験ができて、
    ジェイの隣で幸せな気分のパフに、私もあったまります♪
    ボニさーん!
    季節的に・・・風邪と飲みすぎにはお気をつけて~(^.^)/~

  17. きゃーお客様がお越しでした(^^;) すみません、お茶出さなくてー!
    ●ハルさん いらっしゃいませ! 寒くなりましたね。
    今年は冬が来ないんじゃないかと思ったけどそんなことはなかったです。初雪ふったんですね。 
    私も実家に電話したら 雪が降ったと言っていました。
    >ところで、今回のジェイは切ないですね。自分の心の声がわかるようになって、パフに伝わるといいけど・・・。
    そうですね・・ やっと自分の心の声が聞こえてきました。
    >キャプテンに会っても、普通でいられて、ジェイの事考えていたりした時点で恋の始まりだと思うけどなぁ。
    ねえ・・
    でも ジェイから「愛している」って言われていないし結婚はもう決まってるし・・
    ●ナココちゃん いらっしゃいませー!! 早く次あげなくちゃー!
    >今は無条件にパフの心が欲しいと言ってる。
    やっと自分の心に気づいた位ですから パフの心の手に入れ方に
    悩んでしまっております。
    > 昔・・・遠い昔、誰かも言ってましたね。
    >「好きになるのに理由はいらない」って(*^。^*)
    はい。 この2人 もう心で感じているんですけどねえ・・
    なんせおっそ~い初恋なので まー言葉にできない。
    >パフがママの家を見て、泣いちゃうんじゃないかと
    私はひそかに心配していました。
    泣いていたと思いますよ。
    「わー!」って喜んで ジェイが不動産屋さんと行っちゃうと
    ちょっとうるうるしてたはずです。
    パパのことなんかも思っていたでしょうねえ・・。
    >季節的に・・・風邪と飲みすぎにはお気をつけて~(^.^)/~
    き、・・・気をつけます。

  18. ジェイはこれまで歩いて来た道から大きな曲がり角をまがって、新しい道に踏み出しましたね。
    パフを手に入れるだけじゃなく、パフの心が欲しい。
    こんな風に思う日がくるなんて、ジェイも自分で驚いていることでしょう。
    「幸せ」を感じることができるようになってきたジェイ。
    自分から手をのばして「幸せ」を捕まえて欲しいです。

  19. ボニちゃん おかげでやっとこれました
    どうもありがと~~
    抜けてたところ戻って読んできました!
    ジェイの中でパフが運命の人になりつつある中で
    パフもまた同じ思いを熟成させてて なんともほわっと
    いい感じです
    ここまで 惚れ込んじゃうと 身体だけでなく心まで
    総て自分の物にするまで 落ち着かないんだろうな
    今まで生きてきてはじめての思いに戸惑いながら
    人の心を取り戻し幸せになるのを見届けたい!
    書き手がボニちゃんだから何があっても絆が深くなるだけで
    ハッピーな二人になることは疑ってないから
    安心して続きも楽しみに待ってます

  20. すみませ~ん 遅くなって。 次も上げてきたので 
    よろしかったら お付き合いくださいねーーー!
    ●そーですyuchekkoさん ジェイ 曲がり角に来ました。
    >パフを手に入れるだけじゃなく、パフの心が欲しい。
    そして そう思った途端。
    自分は 人の心を手に入れる 何の手段も技術も持たないことに
    初めて気づいて 戸惑っています。
    心で近づいていくしかないのにねえ・・
    >自分から手をのばして「幸せ」を捕まえて欲しいです。
    パフと仲間たちは温かいから きっとたどりつけます。
    ●お! ばつまるちゃん 来られた? 良かった良かった。
    >ここまで 惚れ込んじゃうと 身体だけでなく心まで
    >総て自分の物にするまで 落ち着かないんだろうな
    前は 妻という存在だけ 手に入れりゃいいやって奴だったのに
    心が欲しいジェイになっちゃいました。 剥けたねえ・・
    >書き手がボニちゃんだから何があっても絆が深くなるだけで
    >ハッピーな二人になることは疑ってないから
    はい。 のんびり楽しんで模型を組み立てるように
    ジェイとパフをハッピーにしたいと思いますので。
    また 遊んでね~~~。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*