ディンゴ番外編-イルミネーション- #3

dingo.jpg

 

 

 

『ヘルズエンジェルス』での顛末を バイパーから報告されたディンゴは
煙草を噛んでうつむいたまま タブレットの画面を見つめていた。


「・・血の巡りの悪い野郎みたいだな」

そういうガキは飲みこみが悪いから 隙を狙って また来ることもある。

 

「しばらく若いモンを 店に張りつけとけ。
 プロにはガキが狙える隙なんざ無いことを 教え込んでやらねえと」

ガキが懲りずに来やがったら 今度は半殺・・  

「じゃねえ・・・極めて厳しくご指導してやれ」

 


面倒くさそうに指示するディンゴに バイパーは小さく眉を上げた。
若いモンを わざわざ張りつけるんスか? 

「何かあったら 店長の方から連絡して来ると思いますが」

「・・・」

 

ギリ・・と小さく歯が鳴った。 バイパーの喉がゴクリと鳴った。

ディンゴがゆっくり眼を上げて 歯噛みしたままつぶやいた。


「マリアだよ」
「!」

あの 馬鹿アマ。 

『ヘルズエンジェルス』にいる女が 気になって仕方ねんだ。

 

DVを受けているんじゃねえかって。 何かあった日には 助けるつもりなんだろ。
あいつのことだから ウロウロと店の周りへ顔を出しかねない。 

「脳ミソの足りねえ野郎が暴れてるところへ マリアが居合わせたらどうする!」

 

「あー・・・・」

バイパーは 深く納得したように 半眼で引きつった笑みを浮かべた。
ディンゴは片方の眉を上げて 狼狽する部下をにらみつけた。

「・・もう 会ったんだな?」

「どうしてあんな場所にいるのかなーって。 ・・へへ」
「~~~~~」

「すんません」

 

ったく! 

あいつと来た日には 手前ぇの頭のハエも追えないくせに 
周り中のやっかい事に 首を突っ込まずにいられないのか。


いまいましげにディンゴがぼやくのを聞いて バイパーは口元を引き締めた。

うっかり笑ったりした日には 凶暴な野犬に噛み殺されかねない。

 

『ヘルズエンジェルス』の女って どっちすか? 

バイパーはさりげなく話題を変えた。 あの店 2人いますけど。
長いストレートヘアーの店長と メイクが濃いチリチリのソバージュと・・


「そっちだ チリチリ。 メイクが濃いのは 目の青タンを隠してんだろ」

「あぁ・・ね」
「任せられる若いモンってと タイガか」
「腕は立つけど。 ショップに張りつけるには 思いっきり無愛想スよアイツ?」

「販売をさせる訳じゃねえっ!!」

 


マリアの護衛だっ!  

不機嫌なディンゴに バイパーは肩をすくめた。 普段はクールな兄貴だけどね。

 

“どんだけ マリア先生が心配なんだか・・”


———

 

 

テトリスだったら 簡単なのにな。


どうしようもなくブロックが積み上がって ああもうだめだと思ったら

呆然とそのまま見ていれば ドガーンとゲームオーバーになるんだけど。

 


ぼんやりガムを噛みながら アミはショップへ向かっていた。

うんざりするほどめちゃくちゃにブロックが積まれてしまってるのに 
ゲームオーバーにする方法がわからない。

 

「機嫌直せよ」だって 馬鹿じゃないの。 アタシは怒ってなんかいない。

サイテー男と終わりたくて 「出て行って欲しい」と言ったのに。
取ってつけたように機嫌を取るアイツは 腰を上げるのが面倒なだけだ。

寒いし 荷物まとめるの面倒だしって 馬鹿にしてくれるそんな理由。


だけどアタシも 結構サイテー。 用意してた言葉を飲み込んだ。

今度にしても まあいいかって。 イルミネーションもついちゃったし・・・

 


「?!」

ショップのドアを開けたアミは あやうくガムを飲み込むところだった。

レジ横のソファに サングラスをかけたゴツい男が座っていた。

アメフトの選手みたいにマッチョな身体を 革ジャンに詰め込んでいる姿は
『ヘルズエンジェルス』という店名が まんま人間看板になった感じだった。

 

な・・なんなの このゴリラ?

つけまつ毛いっぱいにまばたきながら アミは店長へすりよった。

 

「おはようございます。 あの・・店長! こ、この前の奴とは違いますよね?」

「アミちゃんおはよ。 うん あの彼ね。 なんか アフターサービス?で来てるのよ」
「は?」
「あの組・・じゃない管理会社から」


この前の奴が また来るといけないから しばらく警備してくれるそうなの。
店長は困惑げに頬へ手を当てた。 

「有難いっていえば 有難いんだけど・・」


「へぇ・・。 暴力団なのに ずいぶん面倒見がいいんですね」
「しぃっ! アミちゃん! あの会社は暴力団じゃないわよ」
「?」

いわゆる”みかじめ料”も取らないし 自分達で何軒もお店流行らせてる。
薬の売人や悪質な業者は追い出してくれるって この街の皆が言ってるんだから。

 

「ただ ボスがずいぶん若くて ”もの凄く危ない”って噂だけど」

「ぁぶない・・って。 火でも吹くんですか?」
「怒るととんでもなく凶暴で 手がつけられないみたい」


ベントレーという大きな白い車に乗ってるそうよ。 店長は思い切り声をひそめた。

「見かけたら近寄るなとご近所さんが言ってたわ。アミちゃんも気をつけてね」


「わぁ・・白のベントレーかぁ。 気をつけますぅ」


——–

 

 

「・・・・・・・・・・」

「・・・」


棚の商品を直しながら アミは横目でソファを見た。

タイガと名乗った警備の男は 呆れるほどに無口だった。

 

始めのうちは店長も コワモテのタイガに客が引かないかと心配したけれど

この店の商品を買いに来るような ”ヤンチャを気取りたい”男達は

そのままハーレーを転がしそうな彼が 商売っ気なくソファに座っている姿に
男っぽい雰囲気を感じるらしく 売上げはむしろいい位だった。  

 


ガタンッ!!

「?!」


突然 タイガが立ち上がった。 
ショップの外の人声を聞いて 血の気が引いた彼は真っ青だった。

つられて外を見たアミは 目の前の光景に口をあんぐりと開ける。

先日店で暴れた男がドアの向こうで なんと マリアと揉みあっていた。

 


「ブチ殺すぞこのアマ!!どけっ!」

「だめっ! 店長さんに乱暴なさるおつもりでしょう?!」

“!!”


アミの脳が動き出す前に タイガが外へ飛び出した。

「力を暴力や悪しきことに使ってはなりません! あなたは」
「うるせぇって言うんだよ! ど・・」

 

男の怒声が途中で切れた。 タイガが片手で男の利き腕をつかみ 
もう一方の手で男の顔面を リンゴでもつかむようにわしづかみにした。

グゥ・・・

 

「まあぁ? あなたは タイガ・・さん?」

慌てて店から出て来たアミは マリアの声に膝が抜けた。
まあぁタイガさん?ってマリアさん。 あんたってば お天気でも聞くみたいに。


タイガは眼にも止まらぬ動きで 男の両手を逆手に取った。

ねじりあげられてうめく男の顔には タイガの指の跡がぎっちりついていた。

 


タイガは男を羽交い絞めにすると マリアの方を見て赤くなった。


「・・・向こうで・・話してきます・・・」

「あの 私もご一緒に」
「?!▲&%$#!! ・・男同士・・こういう場合」
「でも・・」

「マ、マリアさん!」

 

店長が慌ててマリアに抱きついて しっかり腕を抱え込んだ。

「マリアさん! 彼 ウチの警備をしてくれてるの! だからこれは彼の仕事で!」
「まあ そうなんですか・・」
「そうなのそうなの!」


店長がマリアを抱えているうちに タイガは男を連れ去った。

アミがあ然と見ていると タイガはこちらをチラと見てから 素早く男を殴り倒した。


———

 


「アミさんの眼のアザ もうわかりませんね♪」

 

早く治って良かったわと マリアはふんわり微笑んだ。
タイガが男を連れて行き 客も途絶えた店内は静かだった。


・・あのさぁ マリアさん? あんな男につっかかって行っちゃ危ないよ。


「何をされるかわからないじゃん。もうちょっと気をつけなきゃさあ」

「まあ!アミさん。 心配してくださるのですね どうもありがとうございます!
 ええそれでいつも叱られるのです。 でも今日は 隣人が危ういと思ったから」

「隣・・人?」

「ええと この場合は店長さんとアミさんのことです」
「あんたの教会 隣よりかもっと遠いじゃん」
「いいえ。 そういう距離的なことではなくて。 ・・神の言う隣人とは」

 

 

バンッ!

“マリアッ!!”


「?!」「!」
「きゃっ?!」

 

壊れんばかりの勢いで ショップのドアが全開になった。

大股で入って来たディンゴは マリアの両腕をわしづかみにすると
爪先が浮きそうなほど高く マリアの身体を引き寄せた。


「怪我してないかっ?!」

「していません。 ディンゴさ・・痛・・」
「どこが痛いっ?!」
「ディンゴさんがつかんだ・・腕・・・」
「!!!」

 

こんの 馬鹿マリア! いつも言ってるだろうが! 

「今日と言う今日は 覚悟しろっ!!」


ディンゴは アミと店長が 眼をつぶって首をすくめるほど激しい怒声を吐いた。

2人が恐る恐る眼を開けると マリアの腿に腕を回して肩へ抱え上げたディンゴは
カンカンに怒りを吹き上げながら ショップを出て行くところだった。

「ちょっと! ・・マリアさんっ?!」

 


慌てて2人を追いかけたアミは 外に出たところで立ちすくんだ。

艶やかな 白いベントレーが 店のまん前に停まっていた。

「う・・そ・・・」

 

“怒るととんでもなく凶暴で 手がつけられないみたい”


店長の言葉が アミの脳天を撃った。 

 

ディンゴはマリアを後部座席へ放り込み 自分も続いて乗り込んだ。

銀髪に白いスーツの男が 優雅に後部座席のドアを閉め
アミに気づくと軽くうなずき きゅっと 楽しげにウィンクをする。


巨大な車は あ然としているアミを残して走り去った。


———

 


「だ・か・ら・あの店へ近づくなと 言っただろうが!!」

「あぁディンゴさん ごめんなさい! 貴方が 護衛をつけてくれたのですねっ?」
「ぃ、ぃや。 んなことするかっ俺様が!」


天使様。 ディンゴさんは いつも黙って皆の事を考えて下さるのです。

「お前なぁ・・。 いいから聞け!」
「心からお慕いしています。」
「~~~~~~!」

 

マリアの頬は幸せに染まり 愛と感動に瞳がきらめいている。

両手をついて身を乗り出しているマリアは 飾り気のない白のセーターで
柔らかなニット越しでさえ 見事な胸がこぼれそうだった。

 

 

「・・・」

ディンゴは思わず手を伸ばして たわわな胸をそっと撫でた。

こんなにエロイ胸しやがって。 誰かに傷つけられたりしたら許さねぇぞ。

 

「まぁ なんだ。 怪我しないで良かった」
「ええ。ディンゴさんのおかげ」

「ヨンジュとジュノは?」
「・・え? 保育室にいますけど?」
「そ、か」


ディンゴはにやりと口の端を上げると運転席へ命令した。 

「バイパー!家へ回せ!」
「らじゃ~♪」
「・・え? え?」

 


夫の言いつけを守らない妻には お仕置きしろって神様の教えだしな。

すっかり上機嫌になったディンゴは マリアを抱き寄せながら言った。


18 Comments

  1. ボニボニさん、
    いつもこんなにあったかな楽しみをくださって、
    本当にありがとうございます♪

  2. ボニ様
    ラッキー!マリアとディンゴに会えました^^
    このしま全体を護りながらも、マリアの背後をしっかり護衛ですね。普通の人から見たらかなり怖~いだろうけど・・・
    バイパーさんもタイガさんも笑ったらチョーかわいらしい
    感じがするんですが・・・
    マリアのまっすぐ素直なおせっかい(深い愛情)と、冗談じゃないぜ!って困った顔のディンゴがよく似合ってます。
    あああ~12月になっちゃった。ささやかでも小さな幸せに感謝出来る日々を送りたいです。(*^_^*)
    ボニさんワールドはほんわか、ほっこり出来て大好きです。

  3. バイパーさん、なんか慣れないわ~
    つい、2代目右腕ができたんかあ~?って思っちゃう。
    コブラァァ、車変えたからって名前まで変えるなァァ~
    待ちわびて、、、、でもバイパーさんにもディンゴさんにもマリアちゃんにも勿論ボニさんにも休暇は必要で!
    お休み明けのアップありがとう~
    アミちゃん、なんか気がついた?この街の不思議!
    そう、ヒントはマリアです!
    いい付き合いできるわよ!貴方の将来も明るい!!

  4. ボニさん、UPありがとう!お待ちしてました~^^
    師走と聞いただけで、なんだかあわただしくなる今日この頃です。
    ほんとにマリアったら・・・どんだけ天然でまっすぐで、怖いもの知らずなんでしょ!
    まぁ、そこが魅力なんですけど。
    ディンゴにしたら危なくって、心配でしょうがないでしょうね“アフターサービス”しちゃうほどに^m^
    アミちゃんも、早くサイテー男と別れてスッキリしなくちゃね。
    がんばれ、アミちゃんp(^^)q

  5. コブラさ~ん(改め・・バイパーさん)
    いつも、いつもご苦労様です。今後ともうちのディンゴを
    よろしくお願いしますね。
    只今、めざましTVでトム様ご出演中ですが、
    やっぱりディンゴのほうがステキよね~

  6. 大遅刻アップでごめんなさい 
    お付合いいただき 本当にありがとうございます!
    ●お、rzちゃん 残業かい? お疲れ様です。
    働きたまえ、働きたまえ、働きたまえ、馬車馬のように
    先にいい眼を見られるんだから。
    ちっ・・アタシだって4口応募したのに 神様のいぢわる。 
    でもいいやrzちゃんもトランク大きいのにしたそうだし
    きみりんちゃんと2人がかりなら持って帰れるな 彼。
    フフフ(^m^))) ←楽しい妄想中
    ●sionoさんいらっしゃーい♪ 出てきてくれてありがと!
    >いつもこんなにあったかな楽しみをくださって、
    わーい、嬉しい。 少しはあったかくなりましたか。
    急に寒くなったものね。 アンカになれて嬉しいです。
    また書くから 遊んでくださいね!!
    ●おまたせ!bannbiちゃん! ディンゴはブツブツ、マリア&街を一所懸命護っています。
    >バイパーさんもタイガさんも笑ったらチョーかわいらしい
    感じがするんですが・・・
    そうです! チョーかわいいと思います。
    今回出て来たタイガくんは マッチョで腕っぷしも強いんですが 女性とうまく話せない(マリアと話してる時赤くなってる)モジモジ君です。 可愛がっていただけると嬉しいです。
    ●nktotoro8ちゃん そうなのよ~まったく
    >バイパーさん、なんか慣れないわ~
    私も慣れない(苦笑) 
    毎回「コブラ改めバイパー」と書くのもうるさいから バイパーだけにしたら、誰だっけ?と前に戻って読んだという方も拍手コメントでおられました。お手数をおかけします。
    キャラクターの名前が毎度変わるなんて とんでもないことをしました(^^;)アタシ。
    >アミちゃん、なんか気がついた?この街の不思議!
    >そう、ヒントはマリアです!
    ふふふ・・そうそう。
    マリア先生にたかってたゴロツキが、街を仕切る狂犬?!
    あ然としたアミちゃんの前で どんどん真実が見えてきます。
    ●ちのっちちゃん遅くなりました~!待っててくれてありがと♪
    >ほんとにマリアったら・・・どんだけ天然でまっすぐで、怖いもの知らずなんでしょ!
    >まぁ、そこが魅力なんですけど。
    はい。 出会った時からマリアちゃんは向こう見ず。
    「街のボス」ディンゴにも怖れずにぶつかっていました。
    そこにやられちゃったディンゴだからねえ・・
    仕方なく アフターサービス(^^)v
    >アミちゃんも、早くサイテー男と別れてスッキリしなくちゃね。
    ねえ コイツがまあのらくらと立ち回ってますが
    アミちゃんがすっきりする日はいつ?!
    ●あ、たかBちゃんいらっしゃ~い!
    >いつも、いつもご苦労様です。今後ともうちのディンゴを
    よろしくお願いしますね。
    うちのディンゴになってますね(^^)
    たかB様にご愛顧いただいて 嬉しいです。
    >只今、めざましTVでトム様ご出演中ですが、
    >やっぱりディンゴのほうがステキよね~
    はい。 私もさっき見ました。
    トム様も素敵ですが 世界のYAZAWAも素敵ですが
    やっぱり ディンゴが素敵です。
    ふふふ・・
    たかBちゃん コンサート行きましたね?
    いえいえ 兼業カジョクとか浮気モノなんて言いません。
    世界はたかB女王様のためにある。

  7. う~ん、今度はうまくいくかな?
    昨夜、書き忘れたけど、
    長男さん、ジュノちゃんって言うのね~
    いい名前だぁ~
    今回のお言葉 「テトリス」? 「隣人」!!

  8. いいなぁ、いいなぁ、いいなぁ・・・・
    と、激しく裏山なのは 女優が月初多忙でグレているからだけではない。
    マリアちゃんがこれでもかって程に愛されているからだ!
    無駄だからかもしれないけど(プッ)「ゴ」は決してマリアちゃんを幽閉したりしない、どっこへでも行かせるのね。
    でもって、どっこにいても護るのね。あぁ、素敵。
    ところで、ボニインスクさん
    「ゴ」はマリアちゃんに”Love you”を言葉で伝えますか?
    「心からお慕いしています」マリアちゃんは 勿論「無償の愛」を貫くのでしょうけれど たまには聞きたいってのは万国共通girlsの望みでございますわね♪
    ウフフ、ハイパーさんに送ってもらったお家の中で 二人っきりだと言うのかしら?
    ごケケケ、聞きたいもんです。
    修行で富士登山したんだからさぁ~、ご褒美がほしいわけよ(笑)

  9. なんか、投稿が画面に出るのが遅いみたいで、ご迷惑をおかけしております。すんませんねえ、コメントが難儀で
    (T-T)それを乗り越えてどうもありがとう!!
    ●nktotoro8ちゃん ごめんねコメント重なっちゃって。一個消しました
    m(__)m すんません・・
    >長男さん、ジュノちゃんって言うのね~
    >いい名前だぁ~
    ありがとうございます! 長女ヨンジュに続き
    ジュノ(俊鎬)も ナココちゃんに考えてもらいました。
    すっかり名づけママのナココちゃんです。
    >今回のお言葉 「テトリス」? 「隣人」!!
    「隣人」でございます。
    なんちゃってクリスチャンの女優ちゃんに 絵本版聖書を貸してもらったので 引用してみました。
    でも この一ヶ月は寺と神社ばっかり行ってます。(散歩すると必ずあるから)
    ●なんちゃってクリスチャンの女優ちゃん 本ありがとう参考にします。
    >無駄だからかもしれないけど(プッ)「ゴ」は決してマリアちゃんを幽閉したりしない、どっこへでも行かせるのね。
    ディンゴは束縛されるのが何より嫌いなので 人にもしない。でも マリアちゃんだけは 閉じ込めたろうかと毎回腹を立てています。
    >「ゴ」はマリアちゃんに”Love you”を言葉で伝えますか?
    悪ぶりたいディンゴは 
    「お、お前のことなんか何とも思ってないからな!」
    が結婚前からの基本姿勢(空いばり)です。
    でも 年中「俺って尽くす夫だなあ・・」とハフハフ迫っているので マリアちゃんは「そうなのかしら?」と納得していますが・・。
    >ごケケケ、聞きたいもんです。
    そのうち聞けるかもです。

  10. ボニちゃん「イルミネーション#3」をコマヲ~~
    急に冷え込んできて、心もちびっと寒いな~と感じる。
    そんな時ディンゴとマリアに会えるなんて❤♪
    >“怒るととんでもなく凶暴で 手がつけられないみたい”
    マリアに何かあったら本当に”火”を吹くかも。
    (一度ゴジラと対決を・・なんちゃって)
    だからゴロツキさん達気を付けましょうね。
    子供の居ぬ間に?お盛んで ▄█▀█●___ ))
    3人目も直ぐだなこりゃ(#^^#)

  11. ボニさん、アップ有難うございます~~!
    ヤ組じゃない、まっとうな?ディンゴの会社は
    アフターサービスも万全なのね~~
    ・・と言ってもマリアさん関係に重点的にですか・・^^。
    ニューフェイスのタイガさん、これからが楽しみ^^
    アミちゃん、ついに白ベントレーとマリアさんの関係を知ったか・・・
    怒ると怖いディンゴとマリアさんのいるこの街は、
    意外と住みよいかもですよ~~^^
    ちゃんと生きようとする人を助けてくれる聖母と天使がいるから。
    それにしても、ディンゴ、ベビー2人を預けたままで
    お家に休憩にいくとは・・・ヤレヤレ・・・

  12. ボニさーん!UPありがとうございます♪
    アミちゃん、おもしろすぎ・・・!
    >「ぁぶない・・って。 火でも吹くんですか?」
    最初スルーしちゃったけど、2回目読んで吹き出したわん(^^♪
    ディンゴよりマリアが起こす‘騒ぎ’の火の方があぶないし・・・。
    「タイガ・・さん」は、チュムチみたいな人かな?
    チュムチよりはムクチ(無口)・・・みたいだけど^^
    >すっかり名づけママのナココちゃんです。
    #1を読んだときから、勝手に名前考えてました(^^ゞ
    採用していただいてうれしいです❤
    三人目もあるかな~?
    ディンゴとマリアちゃん、がんばってねー(*^_^*)

  13. ディンゴのアフターサービスかぁ。って、こう書くと他のこと想像しちゃった♪
    >「ぁぶない・・って。 火でも吹くんですか?」
    私もここ笑ってしまった。アミちゃん、きっとお友達に火吹いちゃうような人がいたんだろうな。
    >「腕は立つけど。 ショップに張りつけるには 思いっきり無愛想スよアイツ?」
    >「販売をさせる訳じゃねえっ!!」
    ここも面白い。
    タイガくん。販売促進に役立って良かったね。
    ディンゴから任せられるってご指名うけるだけあって
    仕事は出来るし、バイパー見習ってかちゃんと「男同士の話し合い」って言ってるし^^
    さて“怒るととんでもなく凶暴で 手がつけられない”ディンゴにつれて行かれちゃったマリアさん。
    アミちゃんの頭の中では、今回はどう想像されてるのかしら(笑)

  14. 皆様 お越しでありがとうございます。
    ●yonyonちゃん 急にさぶくなりましたのう・・
    >マリアに何かあったら本当に”火”を吹くかも。
    >(一度ゴジラと対決を・・なんちゃって)
    「ゴジラなんぞに 俺様が負けるわけがないだろ?!」(ディ)
    (・・そうか?)
    >子供の居ぬ間に?お盛んで ▄█▀█●___ ))
    >3人目も直ぐだなこりゃ(#^^#)
    「まかせとけ! あいつをじっとさせとく為ならガキの5人や10人 仕込んでやるっ!」(ディ)
    と申しております。 お元気ですね。
    ●はいhiro305さん ディンゴの環境管理会社、お高いけれどサービス満点。
    >・・と言ってもマリアさん関係に重点的にですか・・^^。
    そですね・・・(^^;)
    >それにしても、ディンゴ、ベビー2人を預けたままで
    >お家に休憩にいくとは・・・ヤレヤレ・・・
    「ゴロツキってのぁ 人にヤレヤレを言われてなんぼだぜ。へへへ・・こちとら優等生なんかじゃねえんだからよ♪」(ディ)
    ●あ、ゴッドママなこちゃんいらっさーい。ジュノ命名ありがとう。
    アミちゃん 今はちょっとへこたれ気味ですが 根は明るくて面白いコですー。
    >「タイガ・・さん」は、チュムチみたいな人かな?
    チュムチよりもう少し若いかもしれません。
    マッチョで腕っ節が強くて無口で照れ屋さんです。
    ディンゴったらまたぞろマリアに迫っていますが3人目が出来たらよろしくお願いします。
    ●tamasuちゃんたら~!!
    >ディンゴのアフターサービスかぁ。って、こう書くと他のこと想像しちゃった♪
    そ、そんな!! 後戯だなんて、後戯だなんて、後戯だなんて、
    何を言うの~~~~!! (言っていない)
    >仕事は出来るし、バイパー見習ってかちゃんと「男同士の話し合い」って言ってるし^^
    手回しのいいバイパーが「マリア先生がまずい場面に来合わせた時の対応マニュアル」を 教授したのです。
    「男同士・・こういう場合」
    というモゴモゴな言い方は 本当なら
    「“こういう場合は男同士で話す方がいいのです”と言え!」
    と言われてたのを 一所懸命言おうとしている
    ・・という設定でした。

  15. こんばんは~(^o^)
    >マリア先生がまずい場面に来合わせた時の対応マニュアル
    良いですね~。
    部下達にしっかり教育された、マリア先生対応の危機管理マニュアル!!
    マリア先生に気づかれないように、見ていないうちに、素早くボコボコに!
    あっ、男同士の話し合い・・・でしたね!!
    こうやって、ディンゴの街は統率がとれているんですね。
    何かと賑やかだけど、ディンゴの街だ~(^^)/

  16. あ、お客様がいらしてましたー!! 遅くなってごめんなさい!
    ●yuusaiさん いらっしゃいー! ディンゴの組の若い衆達は大変ですなかなか。
    >部下達にしっかり教育された、マリア先生対応の危機管理マニュアル!!
    >マリア先生に気づかれないように、見ていないうちに、素早くボコボコに!
    「マリアがウルセエからな! お前ら気をつけろよ!」
    なんちて・・(^^;)
    >こうやって、ディンゴの街は統率がとれているんですね。
    >何かと賑やかだけど、ディンゴの街だ~(^^)/
    はい♪
    やっぱりゴロツキの部分はあるけど 優しい男達が護るいい街です。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*