40ディンゴ:40:

dingo.jpg

 

 

 

 


誰にも飼えない凶暴な野犬。 だから奴は ディンゴと呼ばれる。

政財界のフィクサーであるソンは このひと月でそれを思い知らされた。

 


ディンゴは まったく捕まらなかった。


始めにディンゴへ連絡をした ソンの第一秘書をしている男は

いつもの調子で それはつまり 子飼いのチンピラに対する態度で
ディンゴに応対したものだから 手ひどい洗礼をうける羽目になった。

 

「・・何だと?」

「御前がお呼びだ。 明日19時。“会館”へ来るように」
「あ”?」
「何度も同じ事を言わせるな。明日・・」
「を”い! コブラッ!! イカれた電話を取り次ぐんじゃねぇアホ。・・ったく」

ガチャン!!

「・・・」

 

RRRRRRR・・・


「じ、状況が理解出来ていないようだな。 「御前」がお前を呼んでおられるのだ!」

「また手前ぇか・・るせぇなあ。 午前か午後か知らねぇが 邪魔くせぇってんだよ」
「ば、馬鹿もの。 御前と言うのは ミスター・ソンのことだっ!」
「あ”ぁ? 眼の下にクマのあるおっさんか。 んなもん こっちは用ねぇし」
「な! おい 待てこらっ!」

ガチャン!

ツー、 ツー、 ツー・・・

 

思いがけない成行きに慌てながら 秘書はその後も連絡を取ろうとした。

しかしディンゴがそれ以降 秘書のかける電話に出て来ることはなかった。


———

 


「・・ディンゴをどうにかしろと?」


組織のボスは呆れ顔で 怒りまくっている政商を見た。
ソンは両手で杖を握り 広大な庭に配された池の水面をにらんでいる。

やれやれ 御前も老いたり・・か。

 

「あの狂犬に以後触るなと仰ったのは 確か御前のほうですぜ。
 自分のタマに使うから 俺達は繋がりを切るようにと」

「えぇうるさい! 一体何だ あの男は?!」

お前のしつけがなっとらんのだ! まったく言う事を聞かんではないか。
ソンは怒りで赤黒く染まった顔をゆがめて 組織のボスを怒鳴りつけた。

 

「首に縄つけてでも 奴を俺の所へ連れて来い! 少々手荒な事をしても構わん!」

「・・無理を言わないでくださいよ」


「何?」
「手荒? 野郎が相手じゃ戦争になっちまう。誰も そんな貧乏クジは引きません」
「な・・んだと?!」

 

組織のボスは 政商に言い含めるような物言いをした。

ディンゴは 裏社会の鬼っ子なんですよ。
俺らの間じゃ間違いなく 野郎が・一番・凶暴です。 怒ると何をするか解らねぇ。


「頭は切れるし 野郎の舎弟どもときたら そろいも揃って闘犬並みだ。
 首に縄をつけてでもだなんて 猫どころか怪物に鈴をつけろと言うようなもんです」
「・・・」

 


“・・それに こっちの世界には あの男を敵に回したい奴はいねえよ”


形ばかりは従順に政商へ返事をしながらも ボスは内心 肩をすくめた。

 

裏社会にも 否 裏社会だからこそ 自分達なりの善悪がある。

ガキの頃から裏社会を ゆりかごにして育ったディンゴは
ゴロツキ世界のルールや道理を まるで皮膚のように身につけていた。

“野郎は 見事なゴロツキなんだよ”

 


手がつけられないほど気が荒く 傍若無人で強情だが

野郎のやんちゃも荒っぽさも 裏の男の基準では肩をすくめる程度のものだ。

口の悪さとは裏腹に ディンゴは 男気があるし義理堅い。
筋を通してものを頼めば 何も言わずに 力強く 頼りがいのある仲間になった。


目上だろうと媚びないが かといって裏の礼儀も踏みつけにしない。

昔ながらの 義理や仁義を大切にする組長達の中には
ディンゴを天邪鬼な孫のように 可愛がっている者も少なくないのだ。

 

「御前のところのあの秘書が 野郎を怒らせたんじゃないんですか?」

“虎の威を借りて 下と見た相手には威張りまくるキツネがよ”


「頃合を見て言い聞かせます。 今すぐは 難しいかもしれませんが」
「・・・」
「飼い犬と違って 扱いにコツが要るんですよ」
「・・・」


“その代わり ディンゴがこっちを認めれば 奴ほど信頼の置ける男はいないぜ”


ボスは 静かに席を立った。

裏社会のゴロツキなど 使い捨ての道具としか考えていないだろう政商に
誇り高い野性の犬が 気を許すとは思えなかった。

 

 


地面の上に 瀕死の蛾がいた。

昨夜 灯に突き当たり落ちてしまったのかもしれない。

蛾はなんとか態勢を取り戻して もう一度羽ばたこうともがいていたが
気の早い蟻が集まってきて 食糧を巣へ運ぼうとたかりはじめていた。

 

ガッ・・・


ソンは 杖の先端を足元の修羅場へ突き落とした。

「・・・」


支配力。 それがこの政商の 存在理由そのものだった。

大きな権力を持つ相手を自在に動かすフィクサー それがこの自分だ。

主導権は 常に自分の手に握っていなければいけない。
扱いにコツがいる・・だと? たかが虫けらに 舐められてたまるか。


今まで人を脅すことに 自分の手を汚すことなどなかった。 

汚れ仕事をやらせるために 裏社会のゴロツキを飼ってきたのに
まったく あの役立たずどもが。 野犬如きにビビリやがって。


「人を支配するコツは ただ一つ。 相手の弱みをつかむことだ」


———

 

繁華街のはずれにある公園なのに そこは明るく整備されていた。

とはいえ隅の植え込みの陰には ホームレスが寝ていたりもしたのだが。


ベビーカーを押して行く若い母親は 花咲く野でも歩いているようで
柔らかな日差しに髪を揺らす姿は この上もなく 清楚に見えた。

 

「?」

ベビーカーの中へ微笑みかけていたマリアが 影に気づいて眼を上げた。
いつの間にか 眼の前に男が1人立っていた。

昼下りの公園には そぐわないきちんとしたスーツ姿。


立派なオフィスに似合いそうな シルバーフレームの眼鏡の奥から
ニコリともせずに見つめる男に マリアは小さく首を傾げた。

 

「・・あの? 何かご用ですか?」

「貴女がマリアさんですか? 救護所の先生を されているという」
「はい。 ええと? 教会にご用の方ですか?」

あいにく私は出産休暇中で。 マリアは申し訳なさそうに言った。

 

「教会は遠くじゃありませんから 私がご案内・・」
「ディンゴさんが 仕事先で倒れました」

「?!」

「病院へ搬送されました。 貴女を呼んでおられるので お迎えに上がりました」
「えぇ?! 病院・・? 大丈夫なんですかディンゴさんは? 呼ぶって意識はある・・」
「まだ何とも。 車を用意いたしましたので すぐにお連れ致します」

 

言うなり男は 性急にマリアの腕に手を伸ばした。
マリアは その手をするりとかわしてポケットから携帯を取り出した。 


「はいっ! で、では! 今すぐコブラさんに電話しますね!」 

「なっ?! 病院には私がお連れします! 急いでいるんだ!」
「えぇえぇ! お願いします! ですから・・」

 

ディンゴさんに何かがあった場合は 必ずコブラさんがいらっしゃる。

「他の方が来られた場合は必ずコブラさんに連絡する決まりですよね?」
「?!」
「・・あの? そういう・・」


「・・・・・」

「貴方・・・は?」
「・・・」

 

どなたですかと言う言葉は 男の掌で止められた。

男はマリアの口元を押さえ 羽交い絞めにして引きずった。

車の中にマリアを押し込み 自分も乗り込んだ男は
命令しなれた尊大な声で 車を出せと運転手に告げる。

 


後部座席のドアが閉まり ロックの掛かる音がした。

車の窓の向こうには 押す人のいなくなったベビーカーが残された。

 

 

 

 

23 Comments

  1. ひぇぇ~~~何てことに!!!
    マリアちゃんが拉致されて、ヨンジュはそのままベビーカーの中??
    おバカなソン!狂犬ディンゴを怒り狂わせてしまうじゃない~~!
    火の粉は自分に戻ってくるのに・・・
    火の粉どころじゃない、大火事になりそう^^;
    あー、それにしてもマリアちゃんが心配(怒ったディンゴも・・)
    ボニさん、心臓に悪い展開で1週間精神安定剤が必要です!

  2. 権力なんてもろともしないディンゴの様子をニマニマしながら楽しんでいたら・・・
    >「人を支配するコツは ただ一つ。 相手の弱みをつかむことだ」
    ・・・って・・・(゜_゜i)
    その台詞の後はドキドキしながら読みました。。。
    あ~~~ん。。。つづく。。。なんですね~~~(><)
    マリアは?ヨンジュは?どうなるの~~~と、
    一週間このドキドキが続くのね。。。
    でも一番気になるのは、半端ないディンゴの怒りの様子かも!
    楽しみにしていま~す(=^o^=)

  3. ひぇぇ~~~何てことに!!! ②
    そんな…怖ろしい事を考えたなんて~~~!!
    本当にお馬鹿なソン!②
    私は知らないっと…!
    怒り狂うディンゴが怖ろしい~~~!
    いやいや…ジホ&スジョンを敵に廻すなんて~~!
    ソン…あなたはもう死んでいる!

  4. ここ・・コメントが怖い(^^;))ヘコヘコ・・
    ●あ・・・hiro305さんやっぱり ひょえーだわよね。
    >マリアちゃんが拉致されて、ヨンジュはそのままベビーカーの中??
    だ、だ、大丈夫ですからね。
    >おバカなソン!狂犬ディンゴを怒り狂わせてしまうじゃない~~!
    >火の粉は自分に戻ってくるのに・・・
    もちろん。 思い切り返るでしょうねえ・・
    自分で手を出しちゃったし。
    >ボニさん、心臓に悪い展開で1週間精神安定剤が必要です!
    だ、だいじょぶ~!
    ディンゴはマンガみたいに書いてるって言ったでしょ。
    ここで切らなきゃなので 申し訳ないですが
    心穏やかに お待ち下さい。
    ●す、すみませんnyankoさん 一応お話なもんで山アリ谷アリ。
    >>「人を支配するコツは ただ一つ。 相手の弱みをつかむことだ」
    >・・・って・・・(゜_゜i)
    >その台詞の後はドキドキしながら読みました。。。
    ヘタレな私も ドキドキしながら書きました。
    >あ~~~ん。。。つづく。。。なんですね~~~(><)
    しゅみましぇ~~ん!!(><)
    でも 大丈夫だから 安心して待っててね。
    ●(^^;)あああ ruri さんもひょえー言うてはる。
    >私は知らないっと…!
    >怒り狂うディンゴが怖ろしい~~~!
    そうだそうだ! 私もしーらないっと!
    ・・・って訳にもいかないから 私は書きますが・・・
    >ソン…あなたはもう死んでいる!
    アータタタタタタタタ・・・・!

  5. パボなヤツ~ってヘラヘラしてたら・・・こんなことして、ソンさんあんた終わりだよ!(-“-)
    それにしても、マリアちゃんとヨンジュどうなっちゃうの?><
    あの一瞬でコブラにケイタイ繋がってた、ってことはないの?
    ヨンジュも道端に放置されちゃってるし・・・。
    この事実を知った時、ディンゴどうなっちゃうんだろう・・・
    いろんな意味ですっごく心配です!
    あぁ・・このまま来週までおあずけなんて、ボニさん殺生ですよ~~><
    でも、マリアも最強天然娘だし神のご加護もあるから、案外スルリと危機をすり抜けちゃったりして・・・
    そしたら笑えるんだけど^^

  6. アーァやっちゃった・・・
    私も『知ーらない』と。
    マリアを拉致され、ヨンジュを置き去りにされた
    ディンゴの怒り。きゃ~~~~~怖ぃ~~~~(゜_゜i)
    でもでもどんな報復をするのか興味深々♪
    ジホやスジョンの怒りも。
    ソンよ、首洗って待ってろよ!

  7. うっわぁ~~!これは大変だわ!
    一人取り残されたヨンジュはど~なる。
    こんなとんでもないコトしちゃって、ディンゴが言うことをきくと思ってるんだから、ほんとにおバカ。
    私も「ソンよ、お前はすでに死んでいる」・・・と思う。
    >昔ながらの 義理や仁義を大切にする組長達の中には
    ディンゴを天邪鬼な孫のように 可愛がっている者も少なくないのだ。
    周囲の人の言葉から、裏社会でディンゴがどんな存在かわかりますね。

  8. ひゃ~@@なんて命知らずなことをする~
    と言いながら、ディンゴがどうするのかちょっとわくわくしたりして。。
    こんな緊急事態に動転することなく
    コブラに連絡しようとするマリアちゃん
    肝が据わってるかも~
    気になって仕方がありませんが
    大丈夫だというボニさんの言葉を信じて(笑)
    待ってます~

  9. 甘甘のお話だと思っていたら、いきなりのサスペンス・・・
    御前だか御膳だかしりませんが、いいのかなぁ??
    何かあったらジホも黙っていないということをお忘れかな?
    知~~~らないっと・・・と
    ディンゴとジホを信じている私ですが、
    赤ちゃんを母親から離して置いてけぼりにする行動だけは
    どうしても許せないわ!!
    馬鹿な輩をどう始末してくれるのか楽しみです。

  10. ボニ様
    「男気があるし義理堅い、筋を通してモノを頼めば 何も言わずに力強く頼りがいのある仲間なのだ」ディンゴのことがよくわかる・・・・
    それにしてもこの展開は・・・ドラマにはハラハラドキドキも
    いるもんねぇ~これからが本番!!!
    まあ黙ってこの先を待ちましょうか^^
    じゃじゃじゃーん!誰かさん登場!!どんな助け方か想像つかないねぇ楽しみだヨン!

  11. よりによってマリアちゃんをッ?
    なんてことを!  状況認識がだめだねッ!
    街の人間はみんな、ホームレスだって、ディンゴとマリアちゃんのファンだし、偉そうな電話でディンゴはすっかり縄張ってますねん!
    マリアちゃんに手を出すなんて、、、、恐ろし~~~い
    天然マリアちゃん、ソンさんにどんな天然なんだろうね?
    ディンゴ、街のみんなだけじゃなくて、街の裏にも慕われてたんだ!
    さすがジホの弟だぁ~
    じほ、さあ、どう処理する?
    と、分かってても、気になるじゃあないですかッ!ボニさん!!

  12. いくらボニさんが「大丈夫!」と言ってくれても
    やっぱり心配です!!
    ディンゴの怒りはとんでもないものになりそう
    指の間から読まなくっちゃ♪
    道に残されたベビーカーで、ジュニパパが忘れた光景がチラリと過っちゃいました(失礼!)

  13. だいじょぶと言ってもやっぱ 心配デスよね。
    ●ちのっちちゃん ここで切ってすんまへん 致し方なく・・
    >あの一瞬でコブラにケイタイ繋がってた、ってことはないの?
    >ヨンジュも道端に放置されちゃってるし・・・。
    マリアちゃんは のんびりさんだから携帯の番号押すのも遅い
    (T-T)
    >でも、マリアも最強天然娘だし神のご加護もあるから、案外スルリと危機をすり抜けちゃったりして・・・
    そうです! マリアには神のご加護がある。
    それに 勝手に命名した守護天使もいるしね!(^^)V
    No worry!
    ●yonyonちゃん あ~あ・・よねえ。
    >マリアを拉致され、ヨンジュを置き去りにされた
    >ディンゴの怒り。きゃ~~~~~怖ぃ~~~~(゜_゜i)
    書いていて一番嫌だったのは 置かれたままのベビーカー。
    ダイジョブなんだと 自分でわかっていても頭に浮かぶ画が嫌。
    ソンちゃん ちゃんとメッされます。
    ●ふふふ そうだぜ きみりんちゃん
    >あ〜あ、戦争が始まるよ…
    怒りまくった野犬と毒虫じゃ 戦争にもならないですが。
    ●yuchekko ちゃん これだけはお教えしてもいいかな。
    >一人取り残されたヨンジュはど~なる。
    保護されるのは早いですから 大丈夫(^^)v
    >>昔ながらの 義理や仁義を大切にする組長達の中には
    >>ディンゴを天邪鬼な孫のように 可愛がっている者も少なくないのだ。
    >周囲の人の言葉から、裏社会でディンゴがどんな存在かわかりますね。
    はい! 「兄貴が“こっち”に残っていたら なったであろうというような男」がディンゴの行動規範ですから。
    大きな力にも一歩も引かない強情や 弱い者を護る包容力 「この人は」と認めた相手には なつかないけれど礼儀正しいというあたりはディンゴも同じ。 
    ●うふふ れいもんちゃん ワクワクでお待ち下さい。
    これは ディンゴがやられちゃう話じゃなくてやりかえす話だもん。
    >こんな緊急事態に動転することなく
    >コブラに連絡しようとするマリアちゃん
    >肝が据わってるかも~
    この辺天然ですからね(^^;)
    ディンゴは 自分の弱点が身内なことと マリアちゃんがの「天然突撃体質」を案じてもいたので こんな事があった場合に備えて厳しく言い聞かせていました。
    うん だいじょぶだからねえ~~~
    ●swimmamaさん「御前だか御膳だか」って・・
    この御膳は食えない。いかにもまずそう(^^;)
    >ディンゴとジホを信じている私ですが、
    >赤ちゃんを母親から離して置いてけぼりにする行動だけは
    >どうしても許せないわ!!
    そーなんす(--;)
    お話ですが 書いていて気分が悪かったです。
    無力なものを踏みにじることは 許せない。
    次週で ディンゴにやられますから。
    ●bannbiちゃん ふふふ そーなんです。
    >「男気があるし義理堅い、筋を通してモノを頼めば 何も言わずに力強く頼りがいのある仲間なのだ」ディンゴのことがよくわかる・・・・
    マリアがまだ恋人じゃなかった頃も (彼女にはガミガミ怒っていたけど)彼女の困難をちゃんと解決していたでしょう。
    ディンゴって 敵以外には実に優しい男でもあるんです。
    >じゃじゃじゃーん!誰かさん登場!!どんな助け方か想像つかないねぇ楽しみだヨン!
    ふふふ マリア窮地を助ける「誰かさん」は・・
    待っててね~♪
    ●nktotoro8ちゃん ソンの状況判断はまったくだめよね。
    >ディンゴ、街のみんなだけじゃなくて、街の裏にも慕われてたんだ!
    >さすがジホの弟だぁ~
    ディンゴは ジホが目標だったからね。
    口が裂けても そんなことは言わないけど・・
    >と、分かってても、気になるじゃあないですかッ!ボニさん!!
    すみましぇ~~ん しばらくお待ち下さい~!
    ●mamamabyjちゃん やっぱ心配ヨねえ・・だいじょぶでも。
    (--;)ぽりぽり・・
    >ディンゴの怒りはとんでもないものになりそう
    >指の間から読まなくっちゃ♪
    これはもう やんちゃ小僧になったつもりでご参加ください。
    >道に残されたベビーカーで、ジュニパパが忘れた光景がチラリと過っちゃいました(失礼!)
    ・・・ああ まったくあのセンセイはね・・・
    ジュニパパがジョナを忘れた時は 悲鳴をあげたママが駆けつけるまで 「どしたの?どしたの?」とベビーカーをのぞきに来た 黒リスさんたちに護られていました。 は~・・ジウォン先生・・・

  14. ぎょええーーー!!!!
    ソンよ。。えらいことをやらかしてしもたなぁ
    ディンゴが狂犬になるのは目に見えてるし
    ジホも怒らせることになるのでは?
    オオカミと狂犬・・・考えただけでも恐ろしいぃぃー
    でも楽しみぃぃ。。。(爆)
    あたしはドSなもんで・・なはは。。

  15. 神様~(T_T)
    読んだ方の言葉に返すボニさんのお返事が
    >だいじょ~ぶ~
    って言うから、どんな解決策があるのか考えてみました。
    「キケン」がマリアに及ぶ事もあるかと・・ディンゴがとった策。
    ヨンジュちゃんが乗っているベビーカーは、やはりコブラのお気に入りカーで、そこには「GPS機能付き緊急ボタン」が搭載されている。
    マリアが一瞬の隙をついて(トロくても、ボタン一個くらいなら押せるだろ!!)緊急ボタンをポン!
    即、コブラに繋がり、そこからはすぐさまディンゴに!
    マリアの持っている携帯電話にも、もちろんGPSが!!
    どうでしょうか?!
    あ~、ヨンジュちゃん!
    あ~、ボニさ~ん!!

  16. ●mizuky さんは どSであったか・・(@@;)
    アタシはへたれだから mizuky さんのS心には
    「生ぬるい!」と言われてしまうかも~~~!
    >ディンゴが狂犬になるのは目に見えてるし
    ふふふ(^^//)
    難しいのは 狂犬になってもソンを完全にやっつけてしまっちゃ意味がないってあたりですね。
    ソンには ディンゴを裏社会から独立させておくストッパー役をしてもらわなくちゃいけないし。
    その中で どうしてくれようと考えてます。
    ●うふふ yuusaiさんはいろいろ考えてくれていますねえ。
    どうもありがとう(^m^))
    >「キケン」がマリアに及ぶ事もあるかと・・ディンゴがとった策。
    ベビーカーがコブラのお気に入りカーってのは面白いですね。
    ボンドカー(古いねどうも)みたいなハイテクさですね。
    >即、コブラに繋がり、そこからはすぐさまディンゴに!
    >マリアの持っている携帯電話にも、もちろんGPSが!!
    >どうでしょうか?!
    うふふ。 とりあえず携帯とベビーカーはないです。
    次回の頭を読んだら「あ!なんだー!」
    って言っちゃうかな~(^m^))) 次回も読んでね♪

  17. あ~~~~っ!やっちゃった!
    マリアをさらった?
    こりゃぁ、ディンゴが野犬の牙をむくわね?
    ジホも、水晶も黙っちゃいないでしょう?
    ほんまに、アホや!
    どうやって、無傷でマリアを救出するんだろうか?

  18. ●あ、りんごママちゃん いらっしゃーい♪
    >マリアをさらった?
    >こりゃぁ、ディンゴが野犬の牙をむくわね?
    なわばりに手を出されるのを何より嫌う奴ですからねえ・・
    >どうやって、無傷でマリアを救出するんだろうか?
    ふふふ・・何故か 私は知っている(バカもの^^;)

  19. ディンゴってば、やっぱり一本スジの通った男だわ~❤
    なんて、ウキウキ読んでたら・・・あらら大変なことに(@_@。
    どうなるのーーー?!
    ディンゴは心配で、ヨンジュのお散歩も見張りをつけると
    言ったかも・・・!
    でも、マリアは自由にお散歩も公園も、
    フツーの子育てを主張したんでしょうね。
    映画‘アンタッチャブル’で、階段の下でベビーカーを
    受け止めて助けるシーンを思い出しました。
    ヨンジュがどうか無事でいますように・・・!
    ただいま「を”い!」のセリフを練習中♪
    「あ”?」は、上手になりましたのよん(^_-)-☆

  20. ナコちゃんてば。
    一体何を練習りているのやら・・(--;)
    >ただいま「を”い!」のセリフを練習中♪
    >「あ”?」は、上手になりましたのよん(^_-)-☆
    トホホ・・
    「うちのオクサンにロクでもないコト吹き込むなっ」
    とナコちゃんダーに怒られそう(^^;)
    思えばアタシってば ボニドン以来
    皆様に ロクでもない隠語を教えまくっている気がする。
    しだれちゃうすってのもあったな・・・(T_T)
    >でも、マリアは自由にお散歩も公園も、
    >フツーの子育てを主張したんでしょうね。
    主張もなにも・・マリアさんって ガンガン行っちゃうタイプよね。ディンゴなんか マリアの無鉄砲さに腹を立てるあまりつい恋人にしちゃったようなもんだ。
    さて・・・

  21. 蛾とソンの描写に、ほれぼれ~。
    映像で浮かぶリアルさがあります。
    淡々とした書き振りが冷酷さを増してます。
    もうディンゴに、ソンの弱みを握られているかもしれないのに。
    ボスのほうがわかってますね。
    マリアもかなり頑張ったけど、こんなやり方されたら仕方ないよね。
    ヨンジュは無事でよかったが。
    ディンゴがどう出るのか楽しみです。

  22. ●あ!きゅうりちゃん、いらっしゃ~い! ぷちおひさです。
    >映像で浮かぶリアルさがあります。
    うでしいです~(^^//) 動画を「書く」ことが出来ればいいなあと思ってるのですが なかなかねえ・・
    ソンは 自分が高みからうごめく虫けらを潰せる存在だと思っているのよね。 どっこい虫けらならぬ野犬ディンゴは そんな奴よりしたたかです。
    >マリアもかなり頑張ったけど、こんなやり方されたら仕方ないよね。
    ふふふ・・・
    マリアは すごく頑張ってきたんです。
    ちゃんと 神にはそれが届いていました(^^)

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*