24ディンゴ:24:

dingo.jpg

 

 

 


ディンゴは 人けのない廊下に 扉を背にして立っていた。

油断の無い眼で廊下の先を探り こちらへ来る者がないか見張りながら 
全神経を集中させて 医務室の中から聞こえてくる会話に耳をそばだてていた。

 

すみません と応えるマリアの弱々しい声に ディンゴは思わず拳をにぎる。

・・・どんだけ心配したと 思っているんだ。


憤りながら どうしようもなく下肢の力が抜けてゆく。
俺様にこれほど怖い思いをさせるなんて。 ふざけんじゃねえぞ くそマリア。

 


倒れたマリアを抱きとめたのが ジホ以外の者だったなら

ディンゴは すべての自戒を忘れて マリアの元へ駆け寄っただろう。

 

ジホは みじんも揺らがなかった。

眼にも止まらぬ素早さで 倒れる身体をすくい取ると
流れるような動きで脈に触れ 呼吸を確かめ 呼びかけた。

ディンゴはジホの無駄のない動きに 極限まで張りつめた集中を見た。

 

任せられる・・  ディンゴは 唇を噛みしめた。
今この瞬間 医者以外で マリアに最も適切な対応が出来るのはあの人だ。


俺ときたらまったく ザマぁねえ。 

ディンゴは 自分が腹立たしかった。 呆れるほどに動揺していた。

崩れ落ちるマリアを見た瞬間 すべての音がかき消えた。 
全身の血が引いてゆく中で 鼓動だけがガンガンとうるさかった。


見物人どもを蹴倒して ディンゴがマリアに駆け寄らなかったのは

ジホの止水のような冷静さが 自分以上に信頼出来たからだ。
恐怖で絶叫しそうなほど 取り乱している自分を自覚していた。


・・あぁ俺。 

マリアを失くすようなことがあれば きっと生きていられねぇな。

 


“?!”


廊下の向こうに人の気配を感じて ディンゴは柱の影に隠れた。

マリアを医務室へ運んだ後 医師が診察をする間に
ともあれセレモニーを終わらせた シスター達が戻って来た。


シスターの後ろに スジョンとジホの姿があった。

一行が医務室に入ってゆく音を ディンゴは物陰で聞いていた。
ジホは入口で一瞬止まり 静かに1つまばたいて 医務室の中へ入って行った。


———-

 


「心配な状態ではありません」


説明する女医の穏やかな声に 医務室の内と外にいる者は胸をなでおろした。

「虚血性の 貧血と言ったところです・・」
「・・・」「・・・」


つかのま女医の視線が泳ぎ スジョンが小さく眉を上げた。
女医は 明らかに一瞬ジホへ眼をとめ 困惑したように口をつぐんだ。

「後はシスターと私で」 
「ええ では」

「・・ご心配をおかけして 申し訳ありません」

「・・・」「・・・」

 


身をすくめるマリアの青ざめた顔を スジョンはじっと見つめていた。

女医の言葉に何か含むものが感じられる。 しかし どうしてジホを見た?

スジョンがジホを横目で見ると 彼も静かに何かを考えている。
マリアは 青白い頬でうつむき・・  


“!”

直感がスジョンを突き抜けた。 部屋の中で ジホだけが男なのだ。
女医は シスターと物言いたげな目線を交わしあっている。


・・・ふむ・・・・

 

スジョンは 夫を横目で見ていた。 ジホは “そういう事”にはうといからな。

それでも彼女の明晰な夫は 推理の果てに自分と同じ結論に至ったのだろう。
怜悧な瞳がゆっくりまばたき やがて口元が小さくゆるんだ。

・・ほほぅなるほど・・・・ジホは喜ぶのか・・

 

 

ジホは スジョンがそ知らぬ顔で自分を見ていたことに気がついた。

ディンゴとマリアに気を取られて スジョンから注意がそれていた。


ジホの片眉がわずかに上がる。 姫様の表情が信じられなかった。
とんでもないことに スジョンの瞳は 面白がるようにきらめいていた。

ジホが視線で制止する前に スジョンが 冷然と口を開いた。

 

「シスターに 少々伺いたい」

「はい。 何でございましょう?」
「こなたは救護所の教師であったな。 確かマリアと申す者だ」
「はい」

「こなたはもしや ・・身ごもっておるのではないか?」
「!」「!」「!」

“!!!!!!!!!!!!”

 

「・・・」

ジホは 静かに眼を閉じた。 
ディンゴはおそらく壁の向こうで 腰を抜かしていることだろう。

まったくなんと迂闊なことだ。 この 跳ねっかえりの妻の存在を忘れていたとは。

 

「のぉシスター。 こなたの顔色は 尋常に思えぬのだが?」

「総帥・・ぃぇ・・スジョン様・・・」


困り顔で眼を上げたシスターは スジョンを見て眼を丸くした。

高慢で冷やかなスジョンの瞳が シスターの見間違いでなければ
一緒に悪戯をしようとでも言いたげに キラキラと光を放っていた。

「“どうなのだ?”」

「・・・おそらくは おっしゃる通りかと存じます」


———
 


「・・・・・」

 

医務室の扉が小さな音を立てて ディンゴは 慌てて背を伸ばした。
自分が思わずよろめいて 扉にもたれたことにも気づかなかった。

・・・身・・ごもった・・って マリアがか?

それはつまり マリアの腹に赤ンボがいるって言うことか? 俺の。
あ”?! 今 何て言った? 「俺の」・・子どもだあ?!


そんなはずは ねぇだろ。  身におぼえは確かにあるけど。
だけど。 よしんば俺がゴム忘れたって 女の方できっと何か・・・

「・・しねぇのか・・・あいつぁ」

 

口がカラカラに渇いているのに気づいて ディンゴはゴクリと喉を鳴らした。

背後の扉の向こうから とんでもない言葉が聞こえてきた。


「こなたなる娘は独身と聞いたはずだが。 私の 思い違いであっただろうか?」

「いえ・・。 マリアは結婚しておりません」
「近々結婚する予定とな?」
「・・いいえ」

それでは この娘は神にも誓わずに 子を成すような事をしたのか。

敬虔な教えに従う者として また子に道を説く教師として 

「それは いかがなものであろう」


「申し訳ありません。 私の監督が行き届きませんで」
「わ、私・・・。 あの本当に・・すみませんでした・・」
「・・マリア」

 

シスターはおずおずとした瞳で スジョンをもう一度見直した。

スジョンはツンと顎を上げ ・・少しだけ 口の端が上がっている。

視線を移してジホを見ると ジホは 廊下をちらりと見やり
まっすぐシスターへ振り向いてから それとわかる程度に笑みを浮かべた。

“主よ マリアをお救いください” シスターは心中で十字を切った。

 


「マリア」

「は・・い シスター」


聞きましたね? あなたは神に従う者として あるまじき事をしたようです。

「・・・はい・・・」

「子らに規範を示すべき者としても いささか その不適切でした」
「申し訳・・ありません」
「あなたにだけは こんなことを言いたくなかったのですけれど・・」

 

“もう ここに置いておくわけにはいきません”

「!」


シスターの言葉を聞いた途端 ディンゴの身体が動いていた。

ドアを力まかせに開け放って 医務室の中へ歩き入った。


一歩 中へ入った途端 ディンゴはその場に立ちすくむ。
血の気を失ったマリアの頬を 涙が伝わり落ちていた。


「マリア・・」

「・・・」
「・・おいシスター・・・手前ぇ ふざけんなよ」

マリアは返された子どもだから 彼女に要らないと言ってくれるなと
あんたが 俺に 言ったんだろうが? いったい何を考えてるんだ?

 

「ブッ殺すぞ このアマ」

 

 

 


31 Comments

  1. きゃあ~、こんなところで切るなんて@@
    ディンゴは本気。
    みんなしてディンゴを担ぎ出そうとしてるのに気付かないですよね。
    シスターも鋭い人でよかった。
    いたずら心のある人だし♪
    それにしても、さすがスジョン!
    スジョンがこうしてキューピット役になるんだあ~
    ああ。。もう次が気になって気になって。。
    でも、読めてよかった♪
    これから大阪に向けて旅立つところだったので、
    すっきりして行けます(笑)

  2. ボニさん~~~~~ι(´Д`υ)ハ・ハヤクツギ…
    で、、、みんなダイスキだわ♪
    しかすマリアさん、、、避妊はオトコ任せではいけませんコトよ。
    でも相手がディンゴでしょ~?
    あたくしなら積極的に外れるようにしまp~~~~
    私事ですがツイッターを始めました!
    で、ディンゴの更新を楽しみ~~~にしてるつぶやきを発見したよ!

  3. 水晶妃とディンゴ、2つのお話が同時に読めて得した(?)気分。
    スジョンとジホの相変わらずのキャラは
    期待通りでわくわくします。
    2人の前ではディンゴといえど形無しですね。
    マリアのおめでた!!!!
    もうディンゴは逃れられませんね。
    ジホとスジョンからも・・・・・

  4. ボニ様 うううっ!
    スジョンのお出ましの仕方は さすがぁ!です~
    もう ディンゴったら物陰に隠れてる場合じゃないでしょ!
    いよいよマリアに正面から堂々と宣誓しなくては・・・・
    この続きますます見逃せませんヨン!

  5. マリアは、何て幸せなのでしょう。。。
    医務室の中で、マリアだけが、申し訳なく畏まっている・・・。
    周りは、マリアの中に宿ったもう一つの命へ、それぞれの思いをいだいていて・・・。
    やはり、きっかけは、スジョンちゃん・・・^^さすがです。惚れ直しちゃいました。ジホ・・・出遅れたな・・・。そなたの妻を忘れては・・・。でも、スジョンとシスターとジホの連携プレーに拍手です。ディンゴ・・・やっと気づいたのね・・よかったぁ~。
    そうだよ、もうと~くに、マリアなしでは、『生きられない』のよ♥さてさて、ディンゴに一言喝を・・・スジョンから・・・。楽しみだ~~~(^^♪

  6. ぎゃ~~っ!!ここで切るのかよ~~!!
    つい、叫んでしまいました><(すみません言葉使い悪くて・・ )
    お忙しい中UPありがとうです、ボニさん♡♡
    頭に血が上って、おまけにマリアの涙まで目にしちゃって、ディンゴ完璧に我を忘れてますね・・・。
    まあ、こんだけみんなしてあうんの呼吸で芝居されたんじゃあ、さすがのディンゴもカッとなって出て来ちゃいますよね^^
    「ディンゴあぶり出し作」大成功!^m^
    この先がとってもとっても気になります!
    早く読みた~~い(^◇^) ボニさん、待ってます!

  7. 週末の朝からありがとうございます。
    さて 前回レスでかなりの方が「あ・・」と思った通り。
    マリアちゃん「懐胎」です。 マリアですから『聖母』なの♪
    ●れいもんちゃん大阪ですか。道中お気をつけて行ってらっしゃい。
    >みんなしてディンゴを担ぎ出そうとしてるのに気付かないですよね。
    今回はねー・・・・
    セリフや表情を書くと面白くないので出来るだけ抑えましたが 
    目配せ、微妙な表情、素知らぬふりなど 
    ディンゴにわからない会話を 医師、シスター、スジョン&ジホが交わしていたと思います。(^m^)包囲網。
    ●ハヤクツギって(^^;)rzちゃん どもありがとう。
    ツイッター始めたのね。 頑張ってつぶやいてください。
    >しかすマリアさん、、、避妊はオトコ任せではいけませんコトよ。
    敬虔なマリアさん 愛しい天使様を相手に 
    避妊とかは 考えなかったんじゃないでしょうかね。
    ジホは 所謂プロばかり相手にしていたのと 余裕なく
    のめりこんでましたからね。
    ●swimmamaさん ディンゴ・・逃げられないでしょうねえ。
    >ジホとスジョンからも・・・・・
    ジホは 「あ!」と思って 自分なりに詰め手を考えていましたが
    はねっかえりの妻に ホクホクと先駆けされて
    「あ~あ~・・・まあ 仕方ない」状態。
    ●bannbiちゃん 思えばスジョンは本編の時から動けば大胆よね。
    >いよいよマリアに正面から堂々と宣誓しなくては・・・・
    ディンゴも 天邪鬼だからねえ
    姫の 野犬退治。
    ●palmeguちゃん 皆 可愛いマリアが好きだから・・(^^)
    >医務室の中で、マリアだけが、申し訳なく畏まっている・・・。
    周囲は 目顔で話あってるのに マリアはうなだれて
    下を向いているので気づかない。 ディンゴは廊下だし(^^)
    >楽しみだ~~~(^^♪
    ありがとう~~! 待っててねー。

  8. @@なんという展開!
    想像を遥かに超えていました(乏しい想像ですが)
    でも、これは返されるんじゃなくてディンゴの元に届けられるって事じゃないかな。
    ジホがそうであったようにディンゴにもマリアにもかけがえのない家族が出来る。
    ん~~ん、この先が楽しみだ!!

  9. ●あ・・ちのっちちゃんがいました おはよ。
    今年はセミを食べるスズメバチが大発生だそうです。
    ちのっちちゃんの守護神蜂ってことかと ニュース見てました。
    >「ディンゴあぶり出し作」大成功!^m^
    ぅあ~ちーちー、あーちー、燃えてるんだろぉかー♪
    と 踊りながら次週へ続く・・

  10. ●あ、ハントさんも一緒でしたね。 いらっしゃーい!
    この展開は想像していませんでしたか それは嬉しい(^m^)
    >でも、これは返されるんじゃなくてディンゴの元に届けられるって事じゃないかな。
    きっと・・ね。
    外面は冷酷にマリアを責めつつ 内心ニヤニヤの皆さんです。

  11. えっ!?ここでおしまい、また来週(x。x)゜゜
    こぼれかけた涙が、おもわず引っ込んだ(・_。)ズリッ
    ボニさん!こんなところで終わらないで~!!(;´_`;)
    でも、さすがのディンゴも、ドアの向こうでじっとはしていられなかったですね。
    失えないものに気づき、もう一つ大切なものを与えられた事を知り、
    ただでさえ驚きの中、シスターやスジョンの会話を聞けば、もう暴れるしかないですね。
    それにしても、部屋の中の人達の連携プレーは素晴らしい。それぞれの人の思いが繋がり、きっと主はマリアを救ってくれるでしょう。
    でもスジョン姫の、鋭い勘を働かせ、導いていくところ、拍手拍手!!これも、ジホとの阿吽の呼吸なんでしょうか?

  12. うわぁ~凄い場面だぁ!!
    ジホがどんなに策を練ろうが
    スジョンの直球一投で決まりだね!
    医務室の中の目線が、赤外線信号のように飛び交う図と
    少しだけの眉や口の端の上げ具合で、暗黙の了解ですね(^v^)
    ディンゴやぁ~
    みなさん役者が一枚上だよ!
    ジホやシスターには悪態つけても
    姫様には敵いっこないからね
    諦めてもらおう♪
    踊りながら まぁーつぅーわぁー何時までも まぁーつぅーわぁー

  13. ピンポ~ン!
    これは絶対”おめでた”だと思ってましたよ~ン
    だって、『聖なる恍惚』の次は『聖母子像』ですよ、当然ッ!
    それにしてもさすが、スジョン!
    周りのものにおすべて任せておいて、セッセと空気読んでるねえ~
    またその読みの深いこと
    そんでもって、「女は性格悪くて、なんぼのもんだ!」って公言しちゃうんだから、ジホも大変だ!
    さあ、幸せめがけてまっしぐら!!!!!って行くよね?ボニさん。
    ディンゴのデレデレ、アタフタ振り拝見したいですう~

  14. 皆さん素晴らしい連係プレー!
    さすがに扉の外にいたディンゴは気づかずに飛び込んじゃいましたね^^。
    さぁ、「飛んで火に入る夏の虫」ならぬディンゴさん♪
    「マリアは失えない」て事に気づいたことだし、とうとう言っちゃうのかな?
    それにしてもディンゴ、毎回ちゃんとツけてヤらないとダメですよ〜♡
    マリアちゃんが避妊なんてする訳ないんだから〜〜。
    プロばかり相手にしていたディンゴにはこの事は「想定外」だったんだろうなぁ^^。

  15. ボニさん、週末のお楽しみ、ディンゴをありがとうございます。
    心臓が止まりそうなほど心配してるのに心の叫びは全部「悪態」って、可笑しいよディンゴ。
    スジョンからうっかり注意がそれてる珍しいジホの姿も、ジホの顔をちろちろ見ながら謎解きしてるスジョンも面白い。 
    >「こなたはもしや ・・身ごもっておるのではないか?」
    というスジョンの言葉が聞こえてきたときのディンゴの驚愕・・
    “!!!!!!!!!!!!”
    いやもう、声も出なかったでしょうね。
    次回、とうとう飛び出しちゃったディンゴと懐胎しちゃった聖なるマリア、そして二人の幸せを見たくてたまらない三人のやりとりがとっても楽しみです。

  16. えぇ~~~~!!!!ここで終わちゃうとは!!!
    ボニさん、ボニさ~~~ん、そんなぁ!!!
    一週間も待てません(キッパリ)
    気になって、気になって、落ち着かない一週間になってしまいます。
    (まぁ、まぁ、とりあえず落ち着いて、落ち着いて)って・・・・
    スジョン、いい味出していますね。怜悧な瞳が悪戯めいてきらきら光っているスジョン、だ~~い好き!!!
    また、ジホもいいなぁ~~~。マリアとディンゴに気を取られて、大事な大事な妻の存在を忘れていたなんて!!
    シスターも素敵ですねぇ~~。恐縮しながらも、ジホとスジョンの口角を上げただけの表情を読み取るなんて!!
    三人の暗黙の連携に、たまらずに躍り出たディンゴもかっこいいなぁ~~~!!
    豪華な役者の揃い踏みで、医務室は輝くような絢爛な愛に満ち、もう言葉もでず、ただただうっとりです。
    ディンゴ、覚悟しなさい!!失うことのできない半身のマリアです。スジョンには敵うはずもないしね。z

  17. もうもう~(牛じゃない!)スジョンに大拍手!!!
    気を失ったマリアに、気を失いそうなほど動転したディンゴ!
    医務室のドアの外で、うろたえている姿が愛おしいけど、
    それを見越してディンゴあぶり出し作戦を始めるスジョン^^
    おひい様なのに、ホント感がいいわね~~^^
    スジョンを忘れてしまうジホも初めてだけれど
    目線・口元テレパシーが飛び交って
    楽しいったらありません^^♪
    思わず飛び込んで怒鳴ってしまったけど、
    ディンゴ、あなた どうするよ~~^^
    スジョンは次元が違う手ごわさよ~~~♪♪
    「懐胎したマリア(様)」には守るヨゼフ様が必要よ^^
    >子らへの規範を示す< ためにも、
    神様の前でちゃんと誓わないとね~~~^^v クフフ

  18. ただいま、ただいま、ただいまぁ~♪
    うわぁ~~スジョンさんったら、見事なストレート!!!
    みんなは変化球投げようとしてたのにね^^
    しっかし、スジョンさんってば全てお見通しで・・・
    まんまとディンゴさんあぶりだされちゃいましたね。
    シスターもステキ!!!
    今回は女性陣が大活躍かな?
    でもマリアちゃん、今ドキドキだね・・・
    不安だろうな・・・
    ディンゴさん、早く安心させてあげてね。

  19. 出かけて戻ったら お客様が(^^) まいどありがとう♪
    ●yuusai さん 涙ひっこんじゃった?(^^;)
    ここで終わるなと言われましても・・また次回読んで下さい。
    >ただでさえ驚きの中、シスターやスジョンの会話を聞けば、もう暴れるしかないですね。
    そうですねー。 スジョンの冷ややかさはディンゴの怒りを
    一瞬で発火点まで持っていきましたね。 ジホの狡猾なからめ手ではあぶりだすのに時間がかかったかも。
    ●オウルちゃん そーなんです。
    >ジホがどんなに策を練ろうが
    >スジョンの直球一投で決まりだね!
    スジョンっていつも 動く時はまっすぐ大胆直球。
    御大の心を一瞬でつかんだ時もそうでした。
    ある意味天才ですね。 きっと ディンゴは勝てません。
    ●はい!nktotoro8ちゃん大当たり。 他にもさてはと思った方が何人さまかいましたね。 そうです人間は恍惚&懐胎だぜ
    >それにしてもさすが、スジョン!
    >セッセと空気読んでるねえ~
    岡目八目ですね。 何だ何だと 全身レーダーのスジョン。
    「自分からジホの注意がそれている→浮気ではない」
    「知らんぷりディンゴ→ジホマリアに優しくする→ディンゴの恋人」
    「マリアに赤ん坊→ジホ笑う→ディンゴの子&懐妊を喜んでいる」
    「マリアは独身→ジホはくっつけたい」
    (ス)「なるほど!」
    ●イナバッチちゃん そーなんです。なまじ女と遊んでるディンゴは うっかり忘れても「今日はだめって言ってないし」なんて構えてました。 潜在意識で求めていたのかも・・
    >皆さん素晴らしい連係プレー!
    ジホと違って スジョンさんわかりやすいサイン出しますから
    連携向きなんでしょうかね。
    ●そうそうyuchekkoちゃん ディンゴってびびって腰抜かしそうなくせに 口が悪くて可笑しい。
    >スジョンからうっかり注意がそれてる珍しいジホの姿も、ジホの顔をちろちろ見ながら謎解きしてるスジョンも面白い。 
    「注意が自分からそれてる」ってのも スジョンが浮気を疑わなかった一因。
    浮気なんかしてたら 忠義なジホの事だから 深刻に悩んで。
    スジョンのことばっか気するはずだもの。
    ●おー、フック さんがもだえておる。 ここで切ってすみません。
    >また、ジホもいいなぁ~~~。マリアとディンゴに気を取られて、大事な大事な妻の存在を忘れていたなんて!!
    そうですよね。
    多分 ジホは幸せなのです。 義弟の幸せに気を取られて
    宝石から目を離す位 スジョンに関しては順調なんでしょうね。
    ●hiro305さんは モウモウちゃんになっている(^^)
    >それを見越してディンゴあぶり出し作戦を始めるスジョン^^
    >おひい様なのに、ホント感がいいわね~~^^
    ジホは 医務室に入る時 ディンゴの気配に気づいたけど
    マリアは それは気づいてないんです。 
    でも マリアの懐妊を知って笑ったジホを見て
    「ジホはこれをネタに2人を添わせようとしているのだ」と思う。
    ジホだけ見てるんですネ 要は。
    ●きみりんちゃんは お帰り、お帰り、お帰り!
    >シスターもステキ!!!
    >今回は女性陣が大活躍かな?
    実はそうなんです。 今回は 女性の力がいろいろなものを変えてゆく。
    ジホが いくらつかもうとしても 指をすり抜けるディンゴを
    スジョンは直射砲で 打ち落とします。 弾詰めはシスターで
    (^^)ふふふ・・

  20. うほほっ!!!ディンゴがビンゴだっ!!!!!
    シスターの言葉“もう ここに置いておくわけにはいきません”って
    やっぱりディンゴを引っ張り出す手段よね?
    まんまと策略にはまちゃった??かな?(笑)
    ううっ・・次回をお待ちしてまするぅぅぅぅ!!!!!

  21. こんばんは(^_^)
    きゃ~こういう展開なんですね~。
    スジョンのいたずらそうな顔とジホの少しこまったような顔が
    目に浮かぶようですヽ(^o^)丿
    シスターの言葉はわざとあんなことを言ったような気がするんですが
    マリアさんがディンゴの所にいきやすいように
    深読みしすぎかな(^^ゞ
    ディンゴも心を決めたかな~(^_^;)

  22. キャ~やっぱり『神のおぼしめし』だ~~~
    それにしても ディンゴが来てること承知でそ知らぬふりのジホ
    きずかぬフリでジホにレーダー張ってるスジョン
    お医者様の言葉でわかっちゃったシスター みんながそれぞれに
    「ふたりのために」考えてる空気があったかいね^^
    あ・うんの呼吸が飛び交って ついにディンゴは飛び込んじゃって
    もう ますます 次が待ちきれなくなるって どうよ!
    ボニちゃ~~ん こんなところで切るな~~~

  23. あらら・・・
    おばちゃんね・・・そんなに急いであっちの方は大丈夫?って・・・
    そう思う時が何度もあったわ・・・
    でも、いろんな修羅場をくぐり抜けてるディンゴくんに限って、
    そんなヘマをするとは思わなかったわ!
    見物人のおばちゃま達に気がつかれない程の早業で、
    しっかり装着済みだと思っていたのに・・・(* ̄m ̄)
    ・・・って・・・昼間ここまで書いたところで義母が遊びに来ました(#・0・#)
    慌ててしまい込みました(爆)
    あぁ~~~早く来週になって~~~!!!
    それまでは、又ジュニ君にお付き合い願おう(^m^)

  24. ●あ、mizukyちゃん いらっしゃいませー!
    >シスターの言葉“もう ここに置いておくわけにはいきません”って
    娘のようにマリアを思うシスターにとって この言葉を言うのは
    すごく勇気がいりました。スジョンやジホの表情を確認して
    マリアの幸せのために 突き放したんです。 ディンゴの前へ(笑)
    「ちゃんと 抱きとめに来て良かった」と思ったでしょうね。
    ●なつ☆ちゃん こんな展開なんですよー!
    >スジョンのいたずらそうな顔とジホの少しこまったような顔が
    目に浮かぶようですヽ(^o^)丿
    ふふふ・・
    姫様が暴走すると 狼はいつも振り回されますからね(^m^)
    シスターの言葉は もちろんわざとです。
    ディンゴがこの時動かないような奴だったら怒ったかも。
    ●お、ばつまるちゃん いらっしゃ~い♪
    >「ふたりのために」考えてる空気があったかいね^^
    そうですね。 それぞれ 立場と思惑は違いますが
    ふたりをくっつける包囲網は温かい気持ちに満ちています。
    ●nyankoちゃん 「あっちは大丈夫?」とお気使いありがとうです。
    大丈夫じゃなかったですねえ(笑) でも結果オーライです。
    >でも、いろんな修羅場をくぐり抜けてるディンゴくんに限って、
    そんなヘマをするとは思わなかったわ!
    玄人女ばかり相手にしてきたディンゴ ちょっと油断していました。
    でも 心のどこかで この女を手に入れちゃだめだけど
    マリアが自分の子どもを産んだらいいな と
    無意識に思っていたのかもしれません。

  25. スジョン様、グッジョブ!!!
    さすがそれでこそ我が姫様でございます(誰がお前のだ!)。
    むふふふ~~~ん♪
    もう、ニヤニヤ笑いが止まりません!(ピクセル最大級で!)
    次も楽しみに楽しみにしております~~~♪

  26. きゃ〜〜〜っ!
    mamaさんじゃないけど「水晶妃」と「ディンゴ」の特別合体篇みたい!
    ディンゴの登場でついにオールスターキャストね♥
    扉の後ろでディンゴの顔色が青くなったり赤くなったり、
    信号みたいに変色してるのが見えるようだわ。
    マリア懐胎・・・そうなんだ。
    私は懐胎してないのに、席を譲られたことがあるの(カンケーないけど)
    ディンゴもそろそろ覚悟を決めないとね。
    自分で筋書き書いたつもりでも、ジホとスジョンが書き換えちゃってるから。
    シスターまで一枚噛んじゃって・・。
    マリアの涙とディンゴの怒号が響く中、「待て次号!」
    はやくぅぅぅぅぅぅ・・・待てない、来て。

  27. ぶぶっ! ディンゴ君、三人のツワモノ(シスターは無理やりにかな?)にかかっては、勝ち目ないかも~♪
    シスターも神に仕える者として(胸の中で十字を切ってまで)マリアの幸せのために心にもないことを…
    ここで男気を出さなきゃね~~~ 
    いいな~ ジホ❤ 大人の貫禄!?

  28. ウフフ・・・女医さんはジホが怪しい~~~とヨンだのね。
    でも其処は鋭いスジョン、キラリン☆と閃いて。
    ジホの思惑にも気づいて、影に隠れてもうドキドキ❤のデョンゴを”こっち”に出したい。
    シスターとの連携もナイス!
    何は無くてもコンドーさん。ディンゴが忘れるとは・・・
    夢中になってそれどころじゃなかったってことか?あ?
    親ばか振りが見ものだわ。

  29. 「水晶妃」の無理矢理スピンアウトとして始まったこのお話。
    ジホとスジョンが乗り込んで お騒がせしております。
    ●雀さん グッジョブだった? スジョンちゃん。うふふ♪
    時代も場所も無視しても 無理矢理スピンアウトにしたから
    本編の2人に 活躍させなくちゃ(^m^)
    マンガのようにお楽しみください。
    ●わたしも席を譲られたコトがあるわアンコちゃん・・(T-T)
    「ディンゴ」を連載にしようと決めた時に
    せっかくスピンアントにするなら がっつりジホ達を
    かませた展開にしよう思ったのでね。
    >マリアの涙とディンゴの怒号が響く中、「待て次号!」
    気分は 週間連載マンガっす(^^;)
    ●mamamabyjちゃん シスターはもう「えいや!」です。
    >シスターも神に仕える者として(胸の中で十字を切ってまで)マリアの幸せのために心にもないことを…
    マリア達の関係をずっと見てきて ディンゴはマリアを幸せにする
    とシスターも思ったんじゃないでしょうか。
    出てけなんて決して言わないヒトが わざわざ言うのだもの。
    ●yonyonちゃん いらっしゃーい!いつもありがとう。
    >ウフフ・・・女医さんはジホが怪しい~~~とヨンだのね
    (^^;)さすがにそこまでは・・
    女医さんがジホを思わず見ちゃったのは 式典の来賓で
    その場にいる中の1人だけの男性だからでした。
    >夢中になってそれどころじゃなかったってことか?あ?
    もちろん それどころじゃないほどのめりこんでるし
    また 海千山千の玄人女ばっかり相手にしていたから
    自分がうっかりしても 「今日はアブナイの」なんて
    女は言うもんだし 言わない奴はピル飲んでるしだったんですね。
    深層心理では コイツならできてもいいと思ったのかも。

  30. なんとか…しなかったのよねぇ。
    ってこんなところで切っちゃいや~~~~っ!
    シスターはマリアとディンゴを結婚させると決意したと見た。
    背中を押したのはスジョンね?
    と勝手に想像しているワ・タ・シ。
    どうなっちゃうんでしょうか?

  31. ●こんな所で切ってすまねぇ・・・でもよぉ。
    >シスターはマリアとディンゴを結婚させると決意したと見た。
    もちろんです。
    マリアの赤ちゃんにはパパがいりますからね。
    口の悪いゴロツキ天使が マリアのこと考えているのも
    知っているから ここはシスター決断です。
    えーい!天邪鬼 受け取れ! と突き放しました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*