15ディンゴ:15:

dingo.jpg

 

 


コブラは 中指と親指で缶をつまんだ手を振り上げ

カン! とテーブルへ打ちつけると ソファに座る「客」をのぞきこんだ。

 


「ハイ 紅茶♪」

「・・・ど、どうも・・」

ほんの1時間程前まで ゴロツキだったはずの男達は
自分達のまわりを取り囲む リアルなゴロツキの視線に震えている。

ディンゴは デスク向こうの革椅子に 静まりかえって沈んでいたが

手下が男達の衣服を調べ 1枚の名刺を差し出すと 退屈そうに眉を上げた。

 


「知らねぇな こんな組。 ゼネコンにあるよな この社名」

「・・・」

「地上げはウチもたまにするけど。 今回は いったいどこの仕事だ?」
「・・ぁ・・」
「変だよな。 再開発の話なんか 俺の耳に入ってねぇけど」
「・・・」

役所にもパイプがあるんだぜ。 ディンゴの声はのんびりとしていた。


「開発申請の事前協議も無えって。 そんな再開発が あるのかな」
「・・ま・・まだ・・・ほんの計画段階・・だから・・・」
「ふぅん?」

 

カッ!

「ひぇっ!」「!!」

ソファの前のテーブルに シースナイフが突き立った。

男達は真っ青になり 中の1人は白目になる。
コブラはナイフを抜き取ると 口の端で笑って ケーキを切った。


「ハイ ケーキ♪」

「ど、ど、どっ・・・!!」

引きつる男が絶句した。 コブラが とろけるように笑う。
スポンジケーキを刃の上に乗せて 鋭利なナイフが突き出された。

「ごめんね。 男所帯なもんで ケーキ皿なんて気の利いたモンがない」

「お、脅す気かっ?!」
「え~? 脅すぅ? 脅すってのはさ。 ・・見せてやれよ」

 

コブラが手下へ顎をしゃくると 1人がケータイを操作した。
ケータイは ザーッと言うノイズに続いて 録画したシーンを再生し始めた。

 

“へえっ 威勢がいいな。・・カラダもだ。 なぁおい よく見りゃスゲエ上玉だぜ?”
“セェンセー♪ オレらにもイイコト教えてくれませんかぁ~?”

“やめてくださいっ!” 

 


「あーこりゃ 完全に“アウトの脅迫”だ」 
「酷いですねぇ。上玉って? 極悪だなー、シロートは」

コブラと手下の若い衆は 顔を寄せ合って眉をひそめる。

「ち・・違う! あれは その!」

「マリアさんに触ってるだろ?」
「あ、ここ 腕に触ってますね。 あーこれは 100%暴行だ」
「違っ・・・」
「!」

 

薄ら笑いのコブラの眼が ディンゴをとらえて凍りついた。
マリアの悲鳴を聞いたディンゴは こめかみに青筋を立てていた。


「ゃべ・・、おい! 消せ!」

「?! ・・・ぁ・・・」


ディンゴが すらりと立ち上がった。  音もさせずに歩いてくる。

襲いかかる寸前の獣が見せる 静まりかえった凶暴さに 部屋中の者が息を飲んだ。


「・・1回しか聞かねぇから ちゃんと 答えろ」


——–

 


ディンゴさん! ディンゴさん! あの方達は あのっ?!


ドアを開けるなりディンゴの胸元に 小さな手がしがみついた。

 


「あの!どうなったんですかっ?! ま、まさか 本当に埋めたりしてませんよね!」

「2,000ユーロ」
「えっ?!」
「・・今 お前がちぎりそうなシャツ。 高ぇんだぞ お前の給料より」

きゃっ!  え・・だけど ディンゴさん ディンゴさんっ!

 

・・るせぇなあ。 

不機嫌だったディンゴの顔に ゆっくり 笑みが戻ってくる。
いったい いつから俺のねぐらは こんなに賑やかになったんだ?


ディンゴは薄く笑いながら まとわりつくマリアを見下ろした。

マリアは 洗いざらしたコットンのサンドレスらしき物を着ていた。

そんなを格好していると お前 小さな女の子みたいだ。
ディンゴの目元が優しくなる。 手を伸べて そっと頬をつかんだ。

 

「ディンゴ・・さん?」

「しぃ・・」

“今夜は先にヤッてから”だ。 さっき 約束しただろ?


ディンゴは唇へささやくと 唇で返事を閉じ込めた。
安心しろよ。 俺様は お前が泣くようなことはしねぇから。

 

「じゃあ・・本当に 無事に帰したんですか? さっきの」

「シロートな。 おい! 手で隠すんじゃねぇよ」
「だ、だ、だって 話が」
「ヤるのが先 話はアトだ。 こら なに逃げてんだよ」

「だって ディンゴさんが 何だか。 ・・お、怒っているんですか?」
「ヤリてぇんだよっ!」

「!!」

 


・・・最悪だ。 ディンゴはうんざりと眼をつぶった。

自慢じゃないが 俺様は がっついて女を抱いたことなんかねぇんだ。
それが何だってコイツ相手だと 余裕を無くしちまうんだろう。


「!」

マリアの腕が柔らかく ディンゴの首へ巻きついた。
ディンゴがぼんやり眼を上げると マリアは頬を染めていた。


「・・・」
「ぁの・・・ご・・めんなさい」
「・・・」

「あの・・・」

恥かしさで真っ赤になったマリアは そっと腿をすべらせて
ディンゴの筋肉質な身体を 両脚の間へ誘い込んだ。


「・・・」

「えと・・」

私も 愛し合いたいのは同じなんですけど。 「ディンゴさんのことが心配で」

「・・・」

「お、男の人はその 我慢しているのが・・大変なんですか?」
「死にそうだよ」
「そんなに?! まあどうしましょう! じゃ、じゃあ! 早くしてくださいっ!」

「!」

 

してくださいって お前なあ・・。

ディンゴは 一瞬あきれ顔になり こらえ切れずに吹き出した。
今まで「して」と言った女は多いけど お前ほど 色気無いのは初めてだよ。

ディンゴはあまりの愉快さに 今にも笑い出しそうだった。


マリアは わたわたと大慌てで ディンゴを迎えようと焦っていた。

「マリア」
「はいっ」
「これだよ」

ディンゴは背中をしならせると マリアの奥まで突き入れた。
マリアは 小さな雷に打たれたように キャンと子犬の声で鳴いた。

 


・・ディンゴさぁん・・・


マリアの呼び声を聞きながら 熱い潤みをゆっくり動く。

しなやかな身体が悶えるのを しっかり抱きしめて閉じこめる。


まったく お前ってば清楚なくせに イイ顔を見してくれるじゃねーか。
赤く染まって涙目なんか 反則技のエロさなんだけど。


ああ こら。  またイってしまったんだろ? 締め付けが お前ハンパねぇ。

お前がこんなに凄いなんて お前の神さん きっと驚くな・・。


——–

 


ディンゴの身体が離れる頃には マリアは くたくたになっていた。

満足げにシーツへ伸びたディンゴは 片腕でマリアを抱き寄せる。
終わった後も まだ抱いていたいと思う そんな女も初めてだった。


「なぁ マリア?」

「・・・はぃ」

「ンだよ。 ボーっとした声出して」
「ご、ごめんなさい」


「お前んとこの偉いさん。 えーと 何て奴だって?」
「教区長・・さんのことですか?」
「あぁそれだ。 そいつ 教会をどこに移したいんだっけ?」


今にも眠りに落ちそうなマリアを 肩先に乗せてたずねながら

ディンゴは じっと宙を見据えて さっき吐かせた男の話を考えていた。

 


存在しない開発計画で 教会の敷地が地上げされる。

金ばかり掛かって問題の多いスラム地区から めでたく「無理に追い出され」たら
教会は区内の住宅街へ移転。 治安もいいし 寄付も集まる。

“我々は あの場所に居たかったのですが・・”

“なんてご立派な教区長様” “悪質な地上げ屋ですって? まあ怖い”


新しい教会を立てるのは 優良な大手ゼネコンで 著名な建築家が設計する。

・・誰も そこの営業課長が 地上げ屋に似ている事は気づかない。

 

「アーメンってのも ピンキリだよな」

「・・ぇ・・・?」
「あーいい。 お前は もう寝な」
「・・はぃ・・」

肩先に乗ったマリアの頭が 眠りに落ちて 重くなった。
ディンゴは 華奢な白い肩をアッパーシーツで包んでやった。

 

簡単なんだよ 話 つぶすのは。

だけど それじゃあ 教区長とやらは また別の手を打つだけだ。
悪い奴のやり方なんか イヤって言うほど知っている。

ディンゴは 闇を見つめていた。 


マリアが 何より大事にしている場所。  それを ずっと護ってやらなければ。
「裏の」やり方じゃだめなんだ。 俺が動いても マリアが困る。 

マリアは お日様が真っすぐ射す場所で ちゃんと笑えなければだめだ。

 

——–

 


夜と 夜明けが交差する頃。 ディンゴはやっと心を決める。

マリアの寝息を確かめて そっとベッドを抜け出した。

 

こんな非常識な時間だけど あの人は 確実に起きている。

ディンゴは デスクの電話を取った。
絶対 こちらからは連絡しないと 決めた番号をゆっくりと押す。

ほんの半回のコールの後で その人は 静かに話し始めた。

 

 

「お前が 電話をくれるなんてな」

「・・ご無沙汰しています。 兄貴」 

 


 

28 Comments

  1. えへへ・・ 皆様 憶えておいででしょうか。
    ディンゴは 時間も 場所も リンクさせていませんが
    「水晶妃」のスピンアウト。
    兄貴は だから ご存知ですね(^m^)。

  2. うわ、ここのところ更新早いですね。
    読者としては嬉しい限りです♪
    そしてマリアさんの色気の全くない誘い方に爆笑。
    それでも彼は彼女のそんなところがいいんだろうなあ(笑)。
    そしてそして! ついにお兄様登場ですか!?
    きゃ~~、息を呑んで続きをお待ちしております♪

  3. はいっ、もちろん覚えていますっ!
    ガンホ爺だっけ?
    o( ̄ー ̄)○☆パンチ!
    (痛)あ、はいっ、ちょっと間違えマシタ!
    野犬の兄貴は、ウルフっすね(笑)
    コブラちゃん、ちゃ〜〜んと「おもてなし」
    してるじゃ〜〜ん♪
    ああ、次が楽しみ♥

  4. スピンアウトで場所も時代も頭の中でワープしたのか???
    でもどっちでもいいわ~。兄貴が出てくるなら?
    で、二人でどんな策に出るのかな?
    マリアとジホ、いえスジョンとお目見えするのか、、、それはないか。。。
    なにしろディンゴとのことはだれも知らないんだからね。
    それにしても、、、クックックッ
    「お、男の人はその 我慢しているのが・・大変なんですか?」
    「死にそうだよ」
    「そんなに?! まあどうしましょう! じゃ、じゃあ! 早くしてくださいっ!」
    って、ねえディンゴ。堪んなく可笑しくて可愛いねえ~
    ・・・でも、そうなんだ。。。。

  5. いよいよ狼さんの登場ですね。
    二人の会話が聞きたかったです。
    >マリアが何よりも大事にしている場所。
     お日様が真っすぐ射す場所で ちゃんと笑えなければ
    お口の悪い第一天使さまがマリアを想う気持ち、あなたの気持ちも真っすぐで、ステキです。
    裏でも表でも、ちゃんと護るべき人が護ってくれていると思うと、
    心強く、安心して笑っていられますね。

  6. は・・早いですね(@@) ちょうど覗いてくれた所かな。
    ●雀さん いつもありがとうございます♪ 
    更新早い? えへへ どうもありがとう。
    週1ペースで書こうと思っているのですが 仕事も家庭もありますし お互い なかなか難しいですね(^^)
    >そしてマリアさんの色気の全くない誘い方に爆笑。
    >それでも彼は彼女のそんなところがいいんだろうなあ(笑)。
    ディンゴってば マリアが可愛くて仕方ないです。
    そして兄貴が登場です。 はい、お久しぶりですね。
    ●くおら~~~!!アンコちゃんてば。
    >ガンホ爺だっけ?
    お宅まで行って クーラーいじろうかしら・・。
    >野犬の兄貴は、ウルフっすね(笑)
    そうそう。
    >コブラちゃん、ちゃ〜〜んと「おもてなし」
    してるじゃ〜〜ん♪
    可愛いでしょ? ちゃんとディンゴの命令どおり
    ケーキと紅茶でもてなして。 このトッポさがいい感じ。
    ●nktotoro8 ちゃん これは アナザーワールドのジホってことでヨロシクお願いします。ひとえに あの時代でディンゴをかけない書き手の力の無さです(--;)
    >>「死にそうだよ」
    >>「そんなに?! まあどうしましょう! じゃ、じゃあ! 早くしてくださいっ!」
    >って、ねえディンゴ。堪んなく可笑しくて可愛いねえ~
    >・・・でも、そうなんだ。。。。
    ディンゴは 冗談でいったんですけどね。
    「ヤリてぇんだよ!」かなんか言っちゃった手前自虐的に。
    マリアは 本気にしたみたい。
    ●yuusai さん どうもありがとう(T-T)。
    >>マリアが何よりも大事にしている場所。
    >>お日様が真っすぐ射す場所で ちゃんと笑えなければ
    >お口の悪い第一天使さまがマリアを想う気持ち、あなたの気持ちも真っすぐで、ステキです。
    本当だったら 誰よりも自分の手で護りたいマリア。
    だけど マリアがマリアの場所で笑っていられる為には
    自分が助けちゃだめだと思う 裏に生きる男の切ない純情です。

  7. この際時間とか場所なんてどうでもよくてよ。
    兄貴登場!!!!!ヨッ、待ってました!!!!!
    大事なマリアが守りたいもの、その為ならば兄貴~~の手を煩わせちゃうのね。
    ジホもディンゴの変わりように驚くかな?
    水晶とマリア、二人の会話も聞きたいわ。
    『早くしてください』なんとも凄い誘い文句だわ。
    私だって其処までは言えない・・・・(〃▽〃)

  8. マリアにかまうゴロツキたちの録画を見てよくディンゴが暴れなかったこと!!!!
    >マリアは お日様が真っすぐ射す場所で ちゃんと笑えなければだめだ。
    ↑そのためには自分の信念を曲げてまで、狼さんに連絡を入れるディンゴ。
    こちらでも狼さんが見られるなんて、次回がものすご~~~く楽しみです。

  9. ●ありがとうごぜえますだyonyonちゃん
    >この際時間とか場所なんてどうでもよくてよ。
    すまないねえ・・。
    >大事なマリアが守りたいもの、その為ならば兄貴~~の手を煩わせちゃうのね。
    どうしようもなくての決断。 ジホを護る為に決して近づかないでいたのに 「あっち」の力がどうしても必要だったんです。
    >『早くしてください』なんとも凄い誘い文句だわ。
    >私だって其処までは言えない・・・・(〃▽〃)
    ・・・・・・そうだろうか。
    ●swimmamaさん ディンゴが暴れなかったのは 愛の力ね。
    こいつシメたら マリアが泣くしな・・って。
    >↑そのためには自分の信念を曲げてまで、狼さんに連絡を入れるディンゴ。
    どうしても どうしても 護ってやりたかったんです。
    マリアの大事にしている場所。
    それは ディンゴが護る街に あって欲しいものだとパコを見て知ったし。

  10. きゃぁぁぁー、キタ(w゚∀゚w)----ッ♡
    もう、最後のところでガッツポーズであります。
    夢の競演だわ~♥♡♥♡♥♡
    紅茶は缶で、ケーキはナイフに載せられて・・・
    繊細なカップと高価なお皿でと、単純に想像していた私がバカだった。
    マリアがディンゴの心配をして、止まらないほど喋り捲るところが好きです。
    二人馬が合ってきましたね  (///∇///)
    ディンゴが考える解決策、きっと思いもよらぬ方策なんだろうな、楽しみにしています!

  11. >えへへ・・ 皆様 憶えておいででしょうか。
    憶えていますとも!!
    ここで登場とは・・嬉しいビックリです。
    ディンゴが、そして手をかしてくれる「兄貴」が、
    どんな決着を見せてくれるか、と~っても楽しみです。
    >マリアが 何より大事にしている場所。それをずっと護ってやらなければ。
    >「裏の」やり方じゃだめなんだ。俺が動いてもマリアが困る。マリアはお日様が真っすぐ射す場所で ちゃんと笑えなければだめだ。
    こんなにお互い想いあっているのに・・同じ場所で生きていけたらいいのに。

  12. わお! ここで・・ お出ましですか?
    期待しています。
    いつもいつもありがとう!
    ここでも・・ あそこでも逢えるから・・
    何度も楽しませていただいています。
    これからぐっと楽しみが増える?
    でも・・いいわ! マリアとディンゴの掛け合い??
    大大大好き!!!

  13. こんばんは~。
    ディンゴが裏から手をまわさないほど
    マリアさんには本気なんですね~(〃▽〃)
    そして次は狼さんが登場なのでしょうか。
    2人揃うところが楽しみです~。

  14. ボニ様 うれしいUPありがとうございます(*^_^*)
    裏のやり方でなくお天道様に恥ずかしくないやり方!
    日のあたるまともな 筋の通し方を決心したんですね。
    洗いざらしのコットンのサンドレスらしきものを着ている マリア
    を 「そんな格好していると お前 小さな女の子みたいだ」
    と ディンゴの目元が優しくなる。 ここが好きです!!!
    狼兄貴を頼るのは 本当に決心がいったはず。マリアはディンゴに
    とって 本気の護るべき半身ということでしょうね。
    あああ~次が待ち遠しいヨン!

  15. そろそろかと思ったら・・・とっくにUPされてた~~^_^;
    どんな「おもてなし」になるのかと私はワクワク・・
    マリアはドキドキしてたんだね。
    あ~んなにディンゴに纏わりついて質問攻め!
    >いったい いつから俺のねぐらは こんなに賑やかになったんだ?
    って、ディンゴぶつぶつ言いながら、とっても嬉しそうです^^
    ところで、2.000ユーロのシャツってヨーロッパのどこぞの有名ブランドのですか?私はとんと疎くてわかりませんが・・・
    で、2.000ユーロって円だといくら?(ドルかウォンならだいたい換算できるんだけど・・・。)
    えーと、1ユーロは106~107円てとこらしいから・・
    2.000ユーロは・・・ に・20万円以上~?!(@_@)
    さすが!ディンゴさんお金持ち~~♪
    でも、ディンゴは20万のシャツより、洗いざらしのコットンのサンドレスの方がお気に入りみたいですね^m^
    そして、次回はいよいよ あの彼の登場ですね!!!
    きゃ~~~ オオカミと野犬の共演ですぅ^^
    たのしみ~~(^◇^)

  16. “兄貴”この世で一番護りたい 愛しの”姫”を独りで眠らせているの?
    そんなはずはないか・包み込んでるよね。
    次回は”兄弟”でお出ましですね♪ パルリパルリ!!
     私も肩の上で眠りたい…”兄弟”どちらでもOKよ❤

  17. >ディンゴの目元が優しくなる。
    >安心しろよ。 俺様は お前が泣くようなことはしねぇから。
    >それが何だってコイツ相手だと 余裕を無くしちまうんだろう。
    >終わった後も まだ抱いていたいと思う そんな女も初めてだった。
    >マリアは お日様が真っすぐ射す場所で ちゃんと笑えなければだめだ。
    ああもう、ディンゴがマリアを想う気持ちが満載でこっちまで暖かい気持ちになってきます♡。
    でも、マリアの天然ップリが笑えるわ〜〜^m^
    「早くして下さい!」って…(〃∀〃)
    >マリアは わたわたと大慌てで ディンゴを迎えようと焦っていた。
    …て、自分で脱いだ(*´ェ`*)ポッ?
    それともディンゴのXXXをXXXして…ピーーー(以下自主規制)。
    次回は豪華共演ですよね☆ヽ(▽⌒)キャーーー!!!
    楽しみに待ってま〜〜す♪

  18. 今日はもう出ちゃうので 書けるところまでお返事を・・
    ●きゅうりちゃん キマシター(w゚∀゚w)----ッ♡
    >紅茶は缶で、ケーキはナイフに載せられて・・・
    男ばっかりの事務所ですから 出すだけでいっぱいいっぱいです。
    >マリアがディンゴの心配をして、止まらないほど喋り捲るところが好きです。
    本当に心配していました。 ディンゴさんがつかまったらどうしよう(そっちの心配かby連れ去られ男)
    ●yuchekkoさん うふふ 驚いた? 登場しなきゃ~(^▽^) 無理矢理スピンアウトにしたんだもん。
    >こんなにお互い想いあっているのに・・同じ場所で生きていけたらいいのに。
    そうですよね・・。どうやってこの2人は超えるんでしょうか。
    ●mizsakiさん はい。 久しぶりの狼 今度は弟を見守る役で登場です。
    >でも・・いいわ! マリアとディンゴの掛け合い??
    >大大大好き!!!
    (TTT-TTT)ありがとう~~~!
    掛け合い漫才じゃないけど この2人のじゃれ方は私も大好きで
    書いていて楽しいです。
    ●なつ☆さん あれ?☆前からあったっけ。
    >ディンゴが裏から手をまわさないほど
    >マリアさんには本気なんですね~(〃▽〃)
    はい。 そこがちょっとかわいそう。
    自分の棲む場所は悪と決めた男は その手でマリアを救えない。
    明るい場所に棲む恋人への思いは悲しいほど本気です。
    ●bannbiさん そうです。 マリアは正しい方法で護りたい。
    >日のあたるまともな 筋の通し方を決心したんですね。
    はい。切ないのは その決心をしたからこそ
    大事な女を護ることを 人に頼まなければならない。
    ディンゴとしては 歯噛みするほど辛いです。
    >「そんな格好していると お前 小さな女の子みたいだ」
    と ディンゴの目元が優しくなる。 ここが好きです!!!
    優しい眼だったでしょうね・・あ~~~見たい!
    ●ちのっちちゃん 海外特選ブランド物のシャツはたっかいよ~お
    着たことないけど(大体 入らないT-T)
    >>いったい いつから俺のねぐらは こんなに賑やかになったんだ?
    >って、ディンゴぶつぶつ言いながら、とっても嬉しそうです^^
    嬉しかったでしょうね。 ディンゴが罪を犯していないか
    心配でまとわりつく恋人を見て。
    ●mamamabyj さん ジホは早起き(株のチェックもある)。 
    >”兄貴”この世で一番護りたい 愛しの”姫”を独りで眠らせているの?
    時間は未明と早朝の境目くらいです。
    もちろん 姫さまを抱いて寝ていますが 抜け出した頃です。
    > 私も肩の上で眠りたい…”兄弟”どちらでもOKよ❤
    私もです。 重たいと言われても・・
    ●イナバッチちゃんがいました。 おはよう!
    >>マリアは わたわたと大慌てで ディンゴを迎えようと焦っていた。
    >…て、自分で脱いだ(*´ェ`*)ポッ?
    いえもう 脱いでます。
    自分からってどう協力するのかしらなんて アセアセと受け入れ態勢・って朝から何を・・
    行って来ます~~!

  19. きゃ~ボニさん、早いUPだったんですね~^^
    ありがとうごじゃいます!
    ついに狼兄様が登場ですか~? ワクワク
    ・・にしても、兄様同様クールが売りのディンゴが、
    マリアちゃん相手に掛け合い漫才みたいにしゃべって・・
    そのうえこれまでの自分の信念を曲げて、表の人に連絡して。
    ・・・本当に大事に想っているんですね。
    自分が一番じゃなく、相手を思って動くなんて
    そんな相手、ディンゴには狼兄様とマリアだけでしょうね。
    どこまでもマリアを陽のあたる場所に置こうとする気持ちが
    切なくて、思わずジワ~っと。
    いつか手離さなくちゃ・・なんて思いませんように!!
    同じ場所で2人で生きていかれますように・・・
    アー心配^^; って大丈夫だった^^v
    ボニさんはハッピーマニアだから!

  20. きゃぁ~兄貴登場ヽ(^o^)丿
    <お日様が真っすぐ射す場所で ちゃんと笑えなければだめだ・・・もう、ディンゴは、マリアを、失くせないね。。。
    そして、マリアも・・・。
    どんな策にでるのかしら、と~てもたのしみ^^v
    早く1週間たたないかなぁ~。
    今日から、早く寝よう(^.^)/~~~

  21. きゃぁ~~~きゃぁ~~~きゃぁ~~~!ゼーゼー…。
    騒ぎすぎちゃった!
    昨日お客さんだったので今頃覗いてキャーキャー言いまくりです!
    ヒョンにマリアを会わせてあげたいな…。
    きっと喜ぶだろうな…。
    でも…時代も場所も違うし…。とずっと思っていました!
    よかった~~!
    ジホの静かな声が聞こえてくるようです。
    ディンゴの愛がわかるシーンですね!
    電話を切ったジホはふっと微笑むんだろうな…。
    あ~~次回が楽しみ~~♪

  22. >「ハイ 紅茶♪」「ハイ ケーキ♪」
    と、いつも通り愛想良くお客様をおもてなししていたのに。
    >薄ら笑いのコブラの眼が ディンゴをとらえて凍りついた。
    うふふ、コブラちゃん、びびっちゃったよね。
    >「・・1回しか聞かねぇから ちゃんと 答えろ」
    あー。もう言わんでいいことまで、ぺらぺらしゃべりたい気分になったでしょうね。
    >夜と 夜明けが交差する頃。
    闇の世界とお日様の世界が交差する時だね、ぼにさん。
    ディンゴの決心が泣ける。
    で、「あの人」といったらあの人じゃん。
    兄貴・・・やっぱり。こういう展開なんだ~^^ 次がとっても楽しみ。
    ところで、野暮は承知で、姫様はいいの?とつっこもうとしたけど。
    ↑そうそう、ジホは早起きさんだったのよね。

  23. そうだ!スジョンのお話とつながっていたんだっけ。
    いかん、いかん。肝心なところを失念していてはダメじゃろがぁ!
    焦るマリア、呆れつつも沈んでいくディンゴ。
    くふふふ  毎回絵になるわぁ♪
    次回は、スジョンのウルフが動くんでしょうか?
    楽しみです。

  24. ディンゴさん ディンゴさんっ!
    ・・るせぇなあ。
    ・・ディンゴさぁん・・・
    マリアが 何より大事にしている場所。  
    それを ずっと護ってやらなければ。
    「裏の」やり方じゃだめなんだ。 
    俺が動いても マリアが困る。 
    マリアはお日様が真っすぐ射す場所でちゃんと笑えなければだめだ。
    ディンゴさん、ありがとう。(マリアちゃんの代わりのお礼を・・)
    次は狼さんに逢えるんですか?
    きゃあ、うれしいです♪

  25. お留守の間に 皆様ありがとうですm(__)m
    ●hiro305 さん ディンゴホントにマリアを大事に思っています。
    手に入れまいと決心したのに 手に入れちゃったからなおさらです。
    >どこまでもマリアを陽のあたる場所に置こうとする気持ちが
    >切なくて、思わずジワ~っと。
    ホントよね
    >いつか手離さなくちゃ・・なんて思いませんように!!
    それは・・・どうだろう・・・(--)
    ●きゃ~~~!palmeguちゃん 兄貴登場ですぅ・・・
    >どんな策にでるのかしら、と~てもたのしみ^^v
    >早く1週間たたないかなぁ~。
    ・・・って をいをい(^^;)
    >今日から、早く寝よう(^.^)/~~~
    早く来週にしないでください・・
    ●おわ~っ!ruriさんが ドンドンドンの大騒ぎ。
    喜んでいただけて嬉しいです。
    >ヒョンにマリアを会わせてあげたいな…。
    >きっと喜ぶだろうな…。
    >でも…時代も場所も違うし…。とずっと思っていました!
    ありがとう! アタシもそうです。
    闇の世界に置いてきてしまった弟分を 狼はどれほど想っていることか。運命に結び付けられたスジョンの手を取ってしまったからなおさらね。
    ハッピーマニアのアタシが ジホの心残りを捨て置けませんって。
    ●tamasu ちゃんもヨンでましたね(^^)v
    >闇の世界とお日様の世界が交差する時だね、ぼにさん。
    >ディンゴの決心が泣ける。
    そうです。
    俺は「ここ」で生きるんだと 心に誓ったディンゴが
    愛しい女のために 決してその先には行かない 汀まで歩く気持ちがね。
    >>ところで、野暮は承知で、姫様はいいの?とつっこもうとしたけど。
    >↑そうそう、ジホは早起きさんだったのよね。
    本編でも スジョンが起きると横はもぬけの殻でした。
    早起きジホさん。 今朝もスジョンはむくれてる?
    ●ふふふ りんごママちゃん 思い出してくれましたか。
    時間も場所も違うけど スピンアウトにしたのは
    ジホに ディンゴの幸せを見届けさせたかったんです~~。
    >焦るマリア、呆れつつも沈んでいくディンゴ。
    ずぶずぶです・・・
    ●お、きみりんしゃん いらっしゃい~~!
    >ディンゴさん、ありがとう。(マリアちゃんの代わりのお礼を・・)
    ・・か、かたじけない(ディンゴ) なんちゃって。
    懸命にマリアを想う ディンゴ愛しい奴でしょ?
    はい 次回は 狼出てきます。
    突然の電話に眼をシロクロですが すごく喜ぶと思います。

  26. なるほど、そういうことだったのですね。
    うぅ~~ん、ついに兄貴が登場するんだなあ~。
    現代の世界になったらいったいどんな狼なのか、とっても楽しみです。
    しかし、狼と野犬はいったいどんな策をめぐらしてマリアの大切な場所を守るのだろうか。
    わくわくします。
    守りたいと心から思う存在ができて、
    それこそがディンゴの幸せだなあ。うれしい♪

  27. ボニちゃん、ムヒョーーー(谷啓さんを偲んでみました(´Д⊂グスン)
    で…マークジェイコブスのかな、シャツ@お漏らし象
    …なんでこんなこと書くか、判るよね?
    前、フェラーリ知らなかったからなあ~~~~不安…
    一応注釈:新カレンダーで着てるの!象が失禁してるシャツを!!!
    で、死にそうに我慢されたいよおおおおおおおお
    現状、こっちが死にそうに堪えてますからあああああああ
    あたくしがこんなに我慢してるの知ったら~~~~~
    あたくしの神?さんもびっくりですよ!!!
    親鸞上人です~~~~爆

  28. ●お、シータちゃんだよ どうもおつきあいありがとう!
    >うぅ~~ん、ついに兄貴が登場するんだなあ~。
    >現代の世界になったらいったいどんな狼なのか、とっても楽しみです。
    まあ・・ジホはジホす(^^;)
    本当のスピンアウトにしたかったんですが
    あまりに 資料がなくて書けなかった・・・
    ジホは 自分独り表社会に生きて 弟分が裏社会にいるので気になってしかたない。今回は頼られて嬉しくて仕方ないんです。
    ●・・・rzちゃん 谷さん 階段コケで逝かれるとは・・
    老衰とかじゃないアタリ さすがだわと思いました。
    人は死に方を選べないけど 時折 この人は希望を叶えたのではないかという逝きかたをすることがあります。
    >…なんでこんなこと書くか、判るよね?
    >前、フェラーリ知らなかったからなあ~~~~不安…
    いつも 誰かに教えてもらう 鈍足家族のボニボニです。
    カレンダーの写真は何枚か見たけど 像の失禁?!
    ・・・どれかしら(?・?)
    徘徊しないので ○のかさんのUP頼みなの・・

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*